暮し/マナー

あさりの塩抜きと砂抜き 正しい手順で安全においしく食べましょう!

更新日:

あさり…と聞くとやっぱり潮干狩りを思い出します。
採ったあさりを持って帰って味噌汁にして食べました。

ところで、そんなあさりですが、いざ調理する
となると「塩抜き」「砂抜き」など、
ちょっと面倒ですよね?

でも「塩抜き」「砂抜き」を正しくやらないと、
せっかくのあさりが台無しになってしまいます

あさりを台無しにしないために、正しい
「塩抜き」と「砂抜き」のやり方
を覚えておきましょう。

SPONSORED LINK

あさりの「塩抜き」と「砂抜き」 違いは?

あさりを調理する上で大切な「塩抜き」と「砂抜き」。
この二つ、けっこうごっちゃにしてしまっている人が多いです

「塩抜き」あさりが含んでいる海水を抜く作業。

塩抜きをしないと塩辛くて食べられないことも
せっかく調理したのに「しょっぱい!!」で
食べられなかったから悲しいものです。

3325614098_245dfb8813_m

「砂抜き」あさりが含んでいる泥を抜く作業です。

砂抜きをしないと、あさりの身を噛んだときに、「じゃりっ
文字通り砂を噛んでしまいます。

不快ですし、砂つぶが大きいと歯が欠けてしまうおそれもあります。

ややこしいですが、どちらも行なって、あさりを美味しくいただきましょう。

まずは「砂抜き」で泥を吐かせる

先に行うのは「砂抜き」です。

スーパーで売られているあさりには、
「砂抜き済み」と書かれているものもありますね。
念のため自宅でも砂抜きをしましょう。

用意するのは海水と同じ塩分濃度の塩水
だいたい3%です。

あさりを網状のものの上に平たく並べ、
作った塩水に浸します。

このとき、塩水を入れた容器の底とあさりを
敷いた網などの隙間が無いと、せっかく吐き出した砂を、
また吸い込んでしまう
ことがあります。

容器の底から少し浮くような位置にしましょう。

SPONSORED LINK

そして、水はあさりが少し出るくらい。
あさりが「波打ち際にいる」と感違い(?)して砂をより
吐き出そうとします。

また、暗い方がたくさん砂を吐き出すので、
新聞紙などで蓋をします。

あさりが傷まないようにと冷蔵庫に入れてしまうと、
砂を吐き出しません。

「傷まないかな?」と気になるかもしれませんが、
室温がとても高い夏日などでなければ大丈夫です。

時間はだいたい1時間程度です。

たまにちらっと覗くと、べろをべろーんと出して
くつろいでいる(苦笑)ときがありますよ。

「塩抜き」で塩水を抜く

「砂抜き」が終わったら次は「塩抜き」です。
「塩抜き」は、あさりを水から完全に上げてしまいます。

砂抜きが終わったあさりをそのまま
塩水から上げてしまう
だけでいいです。

もちろん、水を吐くので新聞紙を敷く
などの工夫はしてくださいね。

あさりもなかなかやってくれるもので、
周囲にまき散らしますので注意してください。

このときも冷蔵庫に入れてはいけません。
こちらもだいたい1時間程度。

温度が高くならない、室内の日が当たらない場所
置いておきましょう。

実際、あさりは水からあげても三日は
生きられるそうですよ。

あさりの「砂抜き」と「塩抜き」の動画になります。

動画では、海水は持ち帰ってきたようですね。
もちろん、自宅で作った塩水で大丈夫ですよ。

動画では最初に真水であさりを洗っています。
実はこれ、あまり良くありません

なぜかというと、あさりは真水が大嫌いです。
少し雨が降っただけで砂の中に潜り込んだりします。

動画のように真水をかけてしまうと、ギュッと
殻を閉じてしまい、泥や潮水を吐き出さなくなります。

殻についた泥を落とすのは、塩抜きまで
終わってから
にしましょう。

まとめ

手間を惜しんでしまうと、せっかくのあさりの
風味も今ひとつです。

おいしく味わうためにも、「砂抜き」「塩抜き」
してから、調理しましょう。

その他の食材の下ごしらえの記事もどうぞ。

\ シェアしてください /

-暮し/マナー
-,

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.