育児/子ども

赤ちゃんの薄毛が心配! 原因は何? 剃ったらフサフサになる?

投稿日:

生まれてから3ヶ月〜6ヶ月のころの小さい赤ちゃんのお母さんの中には、

「うちの子、薄毛だけど大丈夫?」

「頭の後ろだけハゲちゃってる…」

「いちど剃っておくといいって本当?」

と心配される方もみえます。

でも、赤ちゃんの薄毛や部分ハゲは自然な成長の証拠なんですよ。

SPONSORED LINK

赤ちゃんの薄毛は病気?

赤ちゃんの髪がとても柔らかくて薄いと、
何かの病気ではないかと気を揉んでしまいますね。

たしかに髪の毛だけでなく、体毛が生えない病気はあります。

そのほかにも髪の毛の生え方がまばらだったり、
しなやかさを失ってしまうような、代謝機能に
問題が生じる病気もあります。

でも、めったにかかる病気ではありません。

赤ちゃんが元気で体重が増えていて、不機嫌な様子
でなければ、病気の可能性を考える必要はありません。

赤ちゃんの薄毛は生え変わりのため

ほとんどの赤ちゃんの髪の毛は、遅くとも
生後6か月の終わりまでに生え変わります。

この最初の生え変わりの時期で、前頭部から
頭頂部にかけての毛髪の大部分がいっせ いに休止期に入ります。

たくさんの毛が抜けて落ちて、一時的に
髪の毛が薄くなることもあります。

いわゆる「生理的脱毛」です。

ちょうど1ヶ月健診の頃にいちばん薄くなることが
多いため、気になってしまうのだと思います。

やがて自然に生えてきますから、大丈夫ですよ。

また、赤ちゃんの額が青みがかって見える場合もあります。

青く見える部分は、赤ちゃんにとっては、額ではなく頭部になります。

一回抜けた毛が生えてくるさい、額が青く見えてきます。

大人でヒゲを剃ったあとに青く見えるのと同じですね。

母乳でないと薄毛になるとか、食べ物が良くない、
なんてこともないので、気にしないで!

赤ちゃんの薄毛 部分的な理由は?

寝ていることの多い赤ちゃんによくありますが、
後頭部が寝具などにこすれると、髪の毛がすり減ったり、抜けたりします。

SPONSORED LINK

これは、

「仰臥性脱毛」

というものです。

部分ハゲのようになってしまうので、

「何かストレスがあるの?」

と、自分の子育てに不安になってくるかもしれません。

きちんと赤ちゃんの面倒を見ていれば、大人のように
ストレスで髪の毛が抜けるなんてことはありませんよ。

成長して起きあがっている時間が長くなれば、
ちゃんと自然に生えそろってきます。

赤ちゃんの薄毛で気をつけること

紫外線対策

1歳を過ぎても、成長のために栄養が使われるので、
髪の毛はまだ薄いお子さんもみえるかもしれません。

頭には日光が当たりやすく、湿疹も出やすい時期です。

まだ小さい時期は帽子をかぶせるとのぼせたり発熱する
おそれがあります。

ベビーカーでの移動になるかと思いますので、日よけの
あるタイプを選びましょう。

丸刈りの必要はなし

昔ながらの子育ての考えを持っておられる方からは、

「いったん、剃っておくとフサフサになる」

ということで、赤ちゃんの髪の毛を剃り上げることを
勧めてくるかもしれません。

髪の毛は皮膚の下にある毛球部で作られています。

毛球部での栄養状態や、ヘアサイクルの時期に
よって毛髪の生え方が変わってきます。

が、表面に出ている部分をハサミやカミソリで
切っても、毛髪の生え方を左右するような刺激にはなりません。

表皮に出ている部分を剃った場合は、毛の切断面がはっきり見えます。

また新らしい毛が黒々としているので、パッと見た
印象では太くなったように感じるんです。

まとめ

フサフサで生まれてくる赤ちゃんもいれば、なかなか
髪の毛が生えそろわない赤ちゃんもいます。

いずれも個人差の範囲なので、気にする必要はありません。

むしろ、そうした違いを個性として受け止めてあげて、
自然な成長を見守ってあげてくださいね。

-育児/子ども

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.