趣味/娯楽

キャンプの服装で女性の夏は? 画像でコーデやブランドをチェック!

更新日:

いよいよですね。
思いっきりアウトドアを楽しめるシーズンがやってきました♪

アウトドアといえば、キャンプ

キャンプに行くならアウトドアコーデで楽しみましょう。

ただし訪れる場所によってコーデも異ってきます。

オススメのブランドを紹介しながら、どこでも重宝するアイテムをピックしてお伝えします!

SPONSORED LINK

キャンプの服装 女性が夏に選ぶなら?

キャンプでは、場所によって気温が異なります。
脱ぎ着しやすい服装がベストですね。

試着でチェックするポイント

動きやすい服装であることも大事です。

ショップでは必ず試着して着心地や素材感をチェックしましょう。
サイズ感の違いや着心地等も段々分かってきます!
自分のサイズ感をつかんでおきましょう!

店員さんからは現地情報も

機能性はショップで店員さんから詳しく聞き出すのがポイントです!

アウトドアショップの店員さんは、ご自身もトレッキングやスポーツをしている人が多いので、現地情報も含めて色んな重要ポイントを教えてくれますよ。

街中でも使うなら?

機能性の面にもこだわりながら、タウンでも使いやすいアイテムを選びましょう。

タウンでも使えるアイテムを選ぶコツは、キャンプだからこそ着たいビビッドなカラーと定番のカラーを使い分けて持っていること。

シルエットはあまりにアウトドア寄りになるとタウンで着にくくなります。
ほどよいバランスがGOOD。

機能性を重視しつつ、夏だからこそ色遊びを楽しみながら、自分だけのキャンプコーデを作りましょう。

キャンプの服装で女性の夏コーデは?

キャンプでもテーマはガーリー♪

20160401180257898_500-480x640出典:http://wear.jp/paco0519/6621437/

特徴

キャンプでも花柄コーデでガーリーに決めたいならコチラ。

エーグルなら、天候が変わりやすい場所でもOKなアイテムばかりです。

防水透湿のパーカーを持っていると、あらゆるシーンで重宝しますよ!
レインブーツもキャンプでは必須ですよね。

アレンジ

トップスにデニムジャケット、足元はスニーカーでまとめれば、タウンでも大活躍のカジュアルコーデが完成です♪

アウトドアシーンだけでなくタウンでも十分着こなせるアイテムを選ぶと、日々のコーデもバリエーションが増えて楽しくなりますよね☆

デニムに赤Tシャツで元気なカジュアルコーデ

Lee OZOC THE NORTH FACE X-girl キャンプ コーディネート レディース出典:http://wear.jp/tera1008/7165411/

特徴

ふだん、デニムのワンピやオールインワンはカジュアルすぎて着ない人も多いはず。
少し子供っぽさもあってトライしにくいですよね。

アウトドアシーンでは可愛くコーデできちゃいます!

Leeのオールインワン・サロペットに、インナーはOZOCの赤の変わり織フレアプルオーバーをインして元気な印象に。

スニーカーアクティブなX-girlを選んでバランスもGOOD♪

アレンジ

デニムは通年アイテムなので、インナーをロンTに変えれば秋口にも着れます!!

インナーにニット、タイツにブーツを合わせても控えめなカジュアルコーデに。
タウンでも着れますよ。

期間限定のキャンプコーデだからこそ、いつもは着ないウェアを取り入れるのも楽しみの一つですよね!

新たなコーデ発見の良い機会になるかもしれませんよ。

肌寒くなったらラフなコートで動き易さ抜群♪

20160429182549412_500-480x640出典:http://wear.jp/evelynchoi/6847285/

特徴

ボーダーカットソーに、adidasとLevi'sのスキニーデニム。

定番のキャンプコーデですが、高山キャンプだと夕方から少し肌寒いかもしれません。

そんなときにはふんわりラフに、AIGLEのコートを着ちゃいましょう。
脱ぎ着がラクで動き易さもバツグン。

アクティブシーンにもマッチするコーデです。

アレンジ

とっても可愛いコートなので、タウンではワンピースに合わせてコーデに取り入れてもGOOD。

こういったシルエットのコートの場合、着ぶくれするときがあるので、インナーのワンピにウエストマークを付けるのがポイントです。

ワンピに細めのベルトをしたり、ウェストに切り替えがあるワンピを選ぶだけで、とてもスッキリ見えますよ♪

スポーティーコーデでアクティブに楽しもう!

20160504080352640_500-480x640出典:http://wear.jp/suzuchan1206/6885039/

特徴

キャンプへ行くと山歩きやバーベキューなど、イベントが目白押し
川遊びができる場所もありますよね。

NikeのパンツとKOEのカットソーで、スポーティーコーデもオススメです!
汚れても濡れても洗濯OKで、身軽に動き回れる

川遊びでもパンツの裾を上げてバンバン遊べますし、濡れてもスグ乾きます。
ラフにアクティブに、のテーマのキャンプコーデです。

アレンジ

半袖の元気コーデなので、何か羽織りものを持って行きたいですよね!
パーカーが苦手な人は麻のシャツを羽織ってもOK♪
シャツ系ならアクティブさを抑えて、カチッとした印象をオンしてくれるので、ラフコーデ初心者にはオススメですよ~♪

タウンアイテムをアウトドア仕様に

20140619094815277_500-480x640出典:http://wear.jp/mico52/1193788/

特徴

アウトドアを楽しむからといって、アイテムを揃えるのは大変ですよね!

しかも急にキャンプに行くことが決まった、となるとコーデを決めるのに悩みますね。

そんなときには、タウンでも日々着こなしている白Tシャツに女性らしい赤スカート、chritys’crownの麦藁帽お出掛けテイストをオン。

足元だけパンプスやサンダルからレインブーツやスニーカーに履きかえれば、一気にキャンプスタイルに♪

ここでも、AIGLEのブーツが使えますね。

アレンジ

タウンでは大判のショールを持っていると便利ですが、アウトドアではゴアテックスなどの防水透湿パーカーが一着あると安心です。

パーカーはカジュアルすぎるし、タウンで着れない!という人は、ゴアテックスのトレンチコートなどもオススメです。

トレンチならタウンでも活躍しますよね。
しかも雨の日でも気にせず着て行けますよ。

キャンプの服装で女性におすすめブランド♪

AIGLE(エーグル)のラバーブーツ

雨が降ったときはこの一足

AIGLEのラバーブーツは超定番☆
キャンプ等のアウトドアだけでなく、タウンでも雨の日コーデに取り入れてオシャレに過ごしちゃいましょう♪

おすすめポイント

AIGLEはウェアもタウン寄りで着やすく、素材も自社開発のモノを生産していて大変こだわっています。

本国のフランスや日本・アメリカなどでしか展開していないブランドで、ちょっと差がつく気分に?

ラバーブーツは天然のゴムですので、ケアをしっかりしましょう!!

AIGLE(エーグル)のソックス

エーグルのソックスはとても可愛くて丈夫
色違いで揃えたくなるくらい履きやすいんです♪
この時期には麻混のものも出ていて、夏物も生地がしっかりしているので翌年も十分履けます。

おすすめポイント

SPONSORED LINK

何といっても履き心地が良いんです!
クシュクシュッとルーズに履いてもOK。
アウトドアだけでなく普段使いにもGOODですよ。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)のゴアテックスシリーズ

軽量でありながら、ハリ感があってシッカリとした着心地の防水レインジャケットなんです。

しかもコンパクト収納もできちゃう優れモノ。
もちろん、タウンや旅行でも使えます♪

おすすめポイント

ノースフェイスのゴアテックスは、とても丈夫です。
もちろん、ゴアテックスの特長である、防水でありながら通気性もしっかり備えていますよ。

急な雨にも焦らず対応できますね。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)の帽子

キャンプといえば帽子が必需品ですよね。

撥水性の素材を使用しており、裏地はメッシュになっています。
あご部分にはストラップが付いていて、サイズ調整機能もあるので安心ですね。

おすすめポイント

キャンプは屋外なので日差しが気になりますよね。
頭皮も日焼けするので要注意

ノースのハットはUVケア対応で気兼ねなく遊べます。
キャンプのときはキャップよりもハットがオススメです。

Mont Bell(モンベル)のスカート

キャンプ場は標高が高い場所も多いところもあります。

パンツを履いて行ってても、急に腰から脚にかけて冷えてくるおそれも。

そんなときは、モンベルのキルティングスカートがあれば安心です!!
パンツの上からもササッと脱ぎ着できるので、体温調節しやすいですよ。

おすすめポイント

モンベルは日本のブランドなので、サイズ感や素材が日本人に馴染み深い仕上がりになっていて着心地が良いです。

モンベルのショップへ行くと、店員さんがとても親身になって対応してくれます。
どういうシーンでいつ着たいのか?ということをベースに、提案してくれますよ。

モンベル主催で色んなアウトドアイベントを開催しているので、参加してみるのもいいかもしれませんね。

Mont Bell(モンベル)のポケッタブルザック

キャンプ場に行くと、温泉施設が併設している所があります。

モンベルのザックはコンパクト収納できるので、ちょこっとお風呂に行ったりするのに便利ですよね♪

荷物も十分に入るので気軽に背負って持って行けます!

おすすめポイント

海外へ行くと機内持ち込み用や街歩き用のバッグに困ることが多いです。

小さなポシェットだと資料やお土産が入らなかったり、旅先で何か買った際にもやたらと手持ちが増えてしまいます

そんなときにモンベルのポケッタブルザックなら、荷物をすべて入れて背負っちゃえば、両手も空いてスッキリです。

ザックが不安な方はポケッタブルのショルダーバッグもあるので要チェックです♪

NIKE(ナイキ)のシューズ

柔らかいソールとストラップのみで、アッパーでスポーティーなモデルです。

快適なフィット感と心地よいクッション性を兼ね備えた一足ですよ。
タウンにもアクティブにもぴったりのアイテムですね。

おすすめポイント

サイズ感は少し大きめのようなので、タウンでは靴下を履いてアレンジしてもOK。
軽い素材なのでキャンプでも楽チンですよね♪

キャンプへ行くなら水遊びをされる方も多いと思います。
水遊びも楽しめるNikeのサンダル、他にもチェックしてみてくださいね。

まとめ

オススメしたスタイリングやブランドはアウトドア全般に大活躍します。
タウンでも十分に楽しめるウェアばかりです。

機能性が備わっているので国内・海外旅行にも重宝しますよ。

ご紹介したブランド以外にも、数多くのブランドがあります。

ふだんはタウンブランドを身に付けることが多い人も、お気に入りのアウトドアブランドを見つけて、この夏を思う存分楽しみましょう♪

-趣味/娯楽
-, ,

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.