趣味/娯楽

カメラ嫌いな猫もかわいく撮れる! 岩合光昭さんも使うテクニックとは?

更新日:

「かわいいネコをかわいく撮りたい!」

cat-11221
ネコ好きな方なら、一度は考えたことがあるのはないでしょうか?

でも実際は
「カメラを向けると逃げてしまう」「撮れたのは寝顔ばかり」
ということも…

ちょっとしたコツを覚えれば、あなたもかわいいネコ写真が撮れるようになりますよ。

SPONSORED LINK

ネコがカメラを嫌いなワケ

ネコはそもそも警戒心の強い動物

シャッター音フラッシュカメラそのものを嫌う子も少なくないようです。

ネコの気持ちになってみてください。

「耳慣れない音や光が出る変な箱を持った人間がどんどん迫ってくる!」

これでは怖がられても仕方がありません。

ネコ写真を撮るならスマホよりカメラ

ズームが使えるカメラなら、適度な距離を保ちつつ写真を撮ることができます。

そういう面ではスマホのカメラよりも断然有利

ただし、ネコを怖がらせないようフラッシュやシャッター音はオフにしておきましょう。

動くネコを撮るなら、手ブレ補正機能をオンにしておくと良いですよ。

ネコをかわいく撮るための4つのテクニック

ネコをカメラで撮影する際のコツをまとめてみました。

ネコ写真で有名な動物写真家 岩合光昭さんも使ってるテクニックだそうですよ。

1. カメラに慣れさせる

SPONSORED LINK

とにかく撮影前に「カメラは怖いものじゃない」とわかってもらうことが大事。

飼いネコなら、

・普段からネコの目につく所にカメラを置く
・ネコのいる部屋でいろんなものを撮影する

等して、カメラに慣れてもらいましょう。

2. ネコとのコミュニケーションが大事

ネコに自然な表情をしてもらうためには、安心感を与える必要があります。

あなたはいきなり「さあ撮るぞ!笑え!」と言われて、カメラに向かってニッコリできますか?

撮影前には「声をかける」「一緒に遊ぶ」などして、ネコの緊張をときほぐすようにしましょう。

飼いネコなら、撮影前にブラッシングをしてあげるのもオススメ。

毛並みもととのって一石二鳥です。

3.低い目線から

ネコを撮る時、ついつい上から目線になっていませんか?

上目遣いのネコも、もちろんかわいい。

でも、もっとネコに近い目線で撮ると、より自然な表情が撮影できることもあります。

ちなみに私(筆者)が「動物写真家 岩合光昭」と聞いて思い浮かぶのは、道に腹ばいになってネコを撮影する姿です。

そこまでする必要はないかもしれませんが(笑)、「ネコの目線」になってみると新しい発見があるかもしれません。

4. 寝てないネコを撮るなら午前中を狙う

夜行性のイメージが強いネコですが、人間のそばで暮らしているネコは意外と朝型

午前中の方が活発に行動する傾向にあるようです。

なので「寝顔以外を撮ってみたい!」という方、シャッターチャンスは午前中です。

ネコを撮る時にいちばん気を付けなければならないのは、とにかく緊張させないこと。

撮影する側が力んでいると、ネコにも伝わってしまいます。

「ネコとカメラで遊ぶ」くらいの気持ちで撮影してみてくださいね。

-趣味/娯楽

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.