ハロウィン

ハロウィンパーティーのゲームで大人も楽しめる5選! 刺激と怖さを楽しもう!

投稿日:

10月といえばハロウィン♪
ハロウィンパーティを予定している方も多いのではないでしょうか?

友人同士が集まるだけでも楽しいですが、ハロウィンらしく、ちょっと悪ふざけもありな楽しみ方もしたいですね。

といっても、すぐに思い浮かばなかったり、いまいちハロウィンらしくなかったり……。

今回は、そんなハロウィンパーティにピッタリ、大人も楽しめる刺激のある(?)ゲームを紹介します。

簡単な準備で盛り上がるゲームを揃えましたので、ハロウィンパーティの企画の参考にしてください♪

SPONSORED LINK

激辛早食いゲーム

激辛のお菓子や食べ物を、早く食べ終わるか競うゲームです。
シンプルかつおバカなゲーム(笑)ですが、実際にやってみると盛り上がりますよ〜。

でも、激辛好きだったり平気な人も多いですよね。
ちょっと辛い程度では面白くありません。

ということで、そんな激辛ファンも涙を流すようなスナックや食べ物を選んでみました。

辛さ8倍のカラムーチョです。

「カラムーチョくらい平気よ」

なんて人も、8倍には負けるかも?

18禁カレーシリーズのラーメンです。
しかも、18禁一味唐辛子もセット!
完食は危険です! 小分けにして競争しましょう(汗)。

風船割りゲーム

もう少し、お手柔らかで楽しいゲームを紹介します(苦笑)

膨らませた風船に、小さく切ったマスキングテープやシールを貼ります。
ベタっと貼るのではなく、軽いタッチで貼ってみましょう。

ゲーム開始となったら、一人ずつ順番にテープやシールを剥がしていきます。
剥がすときに、風船を割った人が負け!というルールです。

制限時間を設けて、時間内に剥がせなかったら、針でつついて強制爆破も?!

割ってしまった人には、ちょっとした罰ゲームを決めておくと、さらにドキドキ!

パンパンに膨らませた風船や、ちょっとゆるゆるにしておくなど、色々混ぜておくのも面白くなります。

こちらはお子さんと一緒でも楽しめるので、親子や家族同士が集まったときにどうぞ。

アップルボビング

アップルボビングは、アメリカのハロウィンパーティの王道ゲームです。
リンゴをいくつか水に浮かべ、手を使わず、口だけでリンゴを取ります。

でも、普通に取るだけでは、もう少し盛り上がりに欠けますね。

日本人なら、運動会やバラエティ番組でおなじみのパターンにしましょう。

SPONSORED LINK

大きなバット容器の中に、小麦粉を入れます。
その中に、飴やマシュマロを用意して、口だけで探して取りましょう!

https://youtu.be/itRIhvZUv_I

中身をわさびに入れ替えたプチシュークリームも入れておくと……?(ニヤリ)

容器がない場合は、段ボールの縁を立てて即席のバットを作ります。
大きなビニール袋を切り広げて敷いておくといいでしょう。

小麦粉がもったいない感じがしますが、汚れ掃除などに小麦粉が使えますよ。

万歩ーダンス!

ゲーム名でなんとなく見当がつきましたか?

万歩計をつけてダンスをして、時間内に万歩計の数字がどれだけ増えたかを競います。

万歩計は何個かあると、一斉にスタートできるので楽しいですね。
体の何ヶ所かにつけて、数字の合計にしてもいいでしょう。

一個だけなら順番に踊りますが、スマホなどで撮影して、あとで見返すと、変な動きで笑えるかも♪

ダンスの間は、ただ時間を計るよりも、音楽を流してみましょう。
30秒〜1分間くらいの長さにしますが、1曲だけでなく、次々に曲を変えます。
リズムが混乱してめちゃくちゃな動きに!(笑)

ノリのいい音楽を選びがちですが、途中でいきなり『天城越え』みたいな曲をかけるのがコツです。

ダンスが得意な人も、これには焦る!

人狼ゲーム

今回、イチオシのゲームです。

ネットで広まり、バラエティ番組などで知られるようになった心理ゲームです。

人数が集まるハロウィンパーティならではゲーム。
ちょっと怖い体験もできますね。

人狼ゲームのやり方は、まず、参加メンバー中で一人、人を食べる「人狼」を決めます。

他のメンバーは、「予言者」「霊媒師」「狩人」「狂人」「村人」などになります。

「人狼」は人間のふりをしており、見た目では区別がつきません。

メンバーで互いに会話をし、人狼に食べられる前に誰が「人狼」なのかを暴かなければなりません。

誰が人狼なのかを当てるときにも、頼りになるのはその人の発言だけです!

実際にやってみると意外なむずかしさにハマってしまうはず。

ちなみにパーティの主催者はゲームマスターとなり、人狼ゲームを進行する役になります。
詳しい内容・手順は少し長いので、以下の動画をご覧ください。

この動画では13名で行っていますが、最低6人でも行えます。

村人以外にも様々な役割があります。
少人数のときは、人狼一名と予言者一名、村人三名で行うなど、役割をシンプルにします。

大人数のときは、役割をランダムに振り分けると、複雑になってとても面白いですよ♪
役割を振り分けるには、トランプなどを使いましょう。

人数分のカードを用意し、どのカードがどの役割になるかをあらかじめ決めておきます。
役割を決めるマークに決まりはありませんが、例として以下のようにします。

例:13名で行う場合
ハートのエース 予言者
ダイヤのエース 霊媒師
クローバーのエース 狩人
スペードのエース 狂人
ハートの2〜7 村人
スペード3〜5 人狼

ハロウィンパーティで人狼ゲームを行うなら、夜に少し暗い部屋で、テーブルを囲んでやってみても。

キャンドルの灯りの中、次に人狼の餌食になるのは……?

まとめ

ハロウィンらしく、ちょっと怖かったり、悪ふざけなゲームを紹介しました。
ふだんでは行儀が悪かったり、怒られそうな遊びも、ハロウィンの日だけは解禁♪

でも、危険がないように注意してくださいね。
また、騒ぎすぎて周囲に迷惑がかからないように!

ドキドキする体験を、楽しい仲間と一緒にぜひ味わってくださいね。

\ シェアしてください /

-ハロウィン
-,

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.