引越しの挨拶 手土産の相場は? 何を持っていくのがいい?

      2016/04/29

春になると引っ越しの大型トラックをよく見かけます。

春から新しい土地で生活する予定の人もいるでしょう。

引っ越しの時、忙しさのあまり忘れてしまいがちなのが、ご近所、お世話になる人への挨拶です。

present

気持ちよく引っ越しするために、挨拶は大切にしたいですが、そこで悩むのが手土産ですよね。

ここでは引っ越しの挨拶に持参する手土産の品物や相場についてご紹介します。

SPONSORED LINK

手土産の相場は?

引っ越しに限らず、手土産ってけっこう悩みの種ですよね。

特に主婦の方がそうだと思いますが、好みの合わないものや、使わないものをもらうと困ることも少なくないですよね。

捨てられないし、かといって好みに合わないから使わない。

手土産やお祝いなどで貰っても、使わないまま置いてあるものって意外にたくさんありませんか?

まず、値段の相場ですが、ご近所へは600~800円程度、高くても1000円までで十分です。

特にお世話になった人や、大家さん、管理人さんへは1500円~2000円程度が相場です。

また、引っ越しでお世話になる業者の人へのお礼もしておくと、気持ちよく引っ越しできますね。

1人1000円程度で、人数分を祝儀袋に入れて、「お礼」と書いて、準備しておきましょう。

最近は会社の規則などで、受け取らない場合も多いですが、お礼の気持ちを込めて渡すようにしてください。

断られた場合は、缶コーヒーやお茶だと受け取ってもらえる場合が多いようですよ。

知人や友人が手伝ってくれた場合は、後日でもいいのでお食事をごちそうしたり、新居にご招待して軽くパーティーをしてもいいですね。

手土産は何がいい?

引っ越しなどの挨拶の品というと、昔は引っ越しそばでしたが、今はタオルや洗剤などが一般的でしょうか?

値段の割に、見た目が豪華なので、送る側には重宝されますが、送られる方はどうでしょう?

タオルって使わないまま置いてあるものがけっこうありませんか?

また、洗剤も各家庭で決まったメーカーや種類がある場合、使わないし、けっこうかさばるので困るときがあります。

SPONSORED LINK

オススメの手土産は?

zakka

挨拶の品で喜ばれるものは、やはりどの家庭でも使える日用品ではないでしょうか?

その点からいうと、見栄えはしませんが、地域指定のゴミ袋というのが、けっこう喜ばれるようです。

ゴミ袋はどの家庭でも使いますし、傷むものではありませんから、どれだけあっても困りません。

ラップやアルミホイルなど、好みの分かれにくい日用品も好まれます。

遠方へ引っ越しする場合は、今のご近所には引っ越し先の名産品を、引っ越し先には今の地域の名産品をそれぞれ準備してもいいですね。

熨斗(のし)・水引きは?

熨斗にも決まりがありますので注意してください。

熨斗の水引は紅白の蝶結び、表書きは「ご挨拶」とします。

名字を入れておくと、引っ越し先でも覚えてもらいやすいですね。

挨拶の品は、高価すぎると相手も気を使いますので、注意してください。

数が足りなくならないよう、少し余裕を持って準備しておくといいですね。

誰に挨拶すればいいの?

引っ越しの挨拶の範囲は、昔から「向こう3軒、両隣」と言われています。

真向かいとその両隣、自分の家の両隣の計5軒を指しています。

一軒家の場合は、「向こう3軒、両隣」と合わせて、裏のお宅にも挨拶に行っておきましょう。

アパートやマンションの場合は、両隣と上下のお宅に行くといいでしょう。

管理人さんが常駐している場合は、管理人さんへの挨拶も忘れずにしておきましょう。

引っ越しは準備や手続きなど、いろいろと手がかかるものでが、挨拶は忘れずにきちんとしておいてください。

昔から「遠くの親せきより、近くの他人」というように、何かあったときに頼れるのはご近所です。

新天地での新しい生活は、引っ越しの挨拶にかかっているといっても過言ではないはずです。

きちんと挨拶をして、素敵な新生活を送っていくださいね。

SPONSORED LINK

 - 暮し/マナー