暮し/マナー

包丁の研ぎ方 簡単に研いでも切れ味が戻るワザ!

更新日:

 最近包丁の切れ味が悪い…そう思う事、ありませんか?

 切れ味の悪い包丁は、怪我のもとにもなるし危ないです。

 でも、切れ味が悪くなっただけで新しいの買う…なんて考えもあまりないですよね?

 そういうときは、包丁を研いでみましょう

 家でもできる簡単な包丁の研ぎ方をご紹介します。

SPONSORED LINK

包丁を研ぐのに必要なものは?

a0002_000125

 さて、包丁を研ぐのに必要なのは、まず「研ぎ石」です。

 研ぎ石がなければ作業が始まりません。

 え?

 研ぎ石なんて家にない?

 もしかしたら研ぎ石を置いていない家の方が多いかもしれませんね。

 一番いいのは買う事ですが、この際だから家にあるものでどうにかならないの? という意見もありますよね。

 ここで使えるのが、カップやお皿の底です。

 これを研ぎ石代わりにする事ができます。

 ただし、プラスチック製のものはダメですよ、逆に刃を傷めてしまいます。

 また、最近は底がつるつるに加工されているものが多いですが、こういうったつるつるのものも研ぐのには向きません

 底のざらざらしているものを使ってくださいね。

 もうひとつ必要なのは、この研ぎ石が滑らないように下に敷くタオルです。

 滑ったら危ないですからね。

包丁を研いでみよう

 準備ができたら、早速包丁を研いでみましょう

 まずは研ぎ石を濡らして、滑らないようこちらも濡らしたタオルの上に置きます

 次に包丁の置き方

 研ぐときは研ぎ石に対して斜めに置き、包丁と研ぎ石が触れている角度がだいたい10度くらいになるようにします。

SPONSORED LINK

 引くときは軽く、押すときは強く

 強くといっても、思いっきり力を籠める必要はありませんよ、しゅっしゅといった感じです。

 そして研いでいるときに汁が出てきます

 これは洗った方がいいのかな? と思うかもしれませんが、洗う必要はありません

 この汁こそ、研ぐのに必要なものですからね。

 ところで、この研ぐの、表面だけでいいと思っている方、いらっしゃるかもしれません。

 しかし、基本的には両面研ぐ必要があります

 でも、裏面は表面より少なめに

 7対3の割合がちょうどいいそうですよ。

 また、シャープナーで研げばいいんじゃない? という方もいらっしゃるかもしれません。

 実はこれ、包丁を傷めてしまうので、あまりおすすめはできないのです

 なので、多少手間がかかっても、包丁は研ぐのが一番ですよ。

 とはいえ、文章で見てもよくわからないですよね。

 下は包丁の研ぎ方の紹介になります。

 見て参考にしてみてください。

肝心なのは日々のお手入れ

 包丁の研ぎ方はわかったけど…

 でも、錆びてしまった包丁は治せませんし、刃が欠けたものなどは研ぐのが更に大変になります

 そうならないためにも、日々のお手入れが一番大切

 毎日とは言わないまでも、一週間に一度くらい、軽く研ぐだけで大分違います。

 それこそ、研ぎ石なんて用意せずに、カップの底でしゅっしゅと二回

 これだけで切れ味は大きく変わりますよ

 また、錆びは大敵

 使い終わったらよく水分を取って、更にサラダ油なんかを一滴塗っておくと効果的です

 切れ味の悪い包丁は指を切る元凶

 それでなくとも、具材が切れなくて調理中にイライラするはめに

 そんなときは包丁を研いで、もとの切れ味を取り戻してあげてくださいね。

-暮し/マナー

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.