健康/美容

長時間の運転で腰痛がつらい 快適なドライブにはこのワザで!

更新日:

長時間の運転をしたら腰が痛くなった!

車から降りようとしたら腰が痛くて立てない!

こんな経験はありませんか?

GWのお出かけや年末年始の帰省時などたまにしか長距離を運転しない……、という方は、まえもって腰痛対策をしておきたいですね。

せっかくの旅行や帰省でツラい思いをしないためにも、万全の態勢でお出かけしましょう。

長時間の運転で腰痛が起きるのはなぜ?

どうしたら腰痛を防げるの?

など、原因や予防対策をご紹介します。

長時間の運転で腰痛になる原因は?

仕事では長時間のデスクワークで座っているはずの方でも、運転となると腰が痛くなるというのも不思議ですね。

運転中も座っているだけのようですが、実は腰には様々な負担がかかっています。

腰にかかる負担として、次のようなものがあります。

加速や減速、右左折による加速度

ジェットコースターに乗ったときなど、無意識に腰に力が入ったり、無重力状態の時にお腹がふわっと浮いた感じになったりしますよね。

そこまで体感せずとも、同じような現象が運転中にも起きています。

高速道路走行中などスピードが出ているときは、加速度による腰への負担はかなりのものになっています。

車の揺れ

とくに車の縦揺れが、腰に負担をあたえます。

短時間でも、がたがた道を走行したり、わずかな道路の凹凸による振動も、疲労した腰部にはダメージとなります。

運転時の姿勢

運転中は右足だけを使います(マニュアル車の場合はそうとは限りませんが…)。

片足だけを使う動作を長時間行うと、上半身は左右どちらか(とくに左側)に傾き、姿勢が悪くなります。

また、ほぼ同じ姿勢で長時間過ごすため、血行が悪くなります。

足腰にかかる緊張

アクセルやブレーキを足で操作するため、脚を支えている骨盤にも負担がかかります。

一部の筋肉だけ使うため、疲労しやすくなります。

長時間の運転でも腰痛を防ぐ工夫は?

安全運転は腰にも安全!?

腰痛とは無関係のようですが、『安全運転』が腰を守るんです。

安全運転によって、「加速度」と「車の揺れ」を減らし、腰痛を予防するんですね。

急加速、急ブレーキ・急ハンドルを控えれば、腰への負担が減少します。

がたがた道でのスロー走行も腰への負担を抑えます。

気持に余裕を持つことで呼吸も深く保つため、血行も整います。

正しい姿勢で運転

足を伸ばした状態(アクセルやブレーキを踏んだ状態)で、腰がシートから浮かない位置にシートをセッティングします。

背もたれは90°(直角)の姿勢が保てる位置まで立てます。
寝かせた位置にしている方も多いので要注意。

頭を背もたれについた姿勢がベスト!
背もたれを調整したら足がアクセルやブレーキに離れる場合は、あらためてシートをセッティングします。

ハンドルの下のほうを持つと、肩こり予防にもなります。
私(筆者)が教習所にかよったときは、時計の10時10分の位置でハンドルを持ちましょう!と教わりました。

(といっても、20年以上も前のことなのでウロ覚えですが…笑)

SPONSORED LINK

適度な休憩

2時間ごとに1回は休憩を…といわれています。
時間にこだわらず、疲れを感じる前に休憩を取りましょう。

休憩といっても車の中で過ごしていてはいけません。
できるだけ車から降り、軽いストレッチなどで体をほぐしましょう。

腰回りの筋肉の緊張をほぐすにはこんなストレッチが効果的です。

イチロー選手が練習前のストレッチにこんなポーズしていましたね。

他にも、以下のようなストレッチをしてみましょう。

  • 身体を前に倒して前屈
    背中をそらせると、かえって腰に負担がかかることがあります。前かがみになるだけでOK。
  • 肩甲骨を動かす
    首をすくめるようにして肩をギューッと上げて、重い荷物をドサッと落とすように下げます。肩こりも和らげます。
  • 腰をひねる
    片足を膝くらいの高さに持ち上げて腰を回すとさらに効果的♪

長時間の運転の腰痛を和らげるグッズ

自分でできる工夫のほか、グッズを使って腰痛予防もしていきましょう。

多く使われるのはクッションですね。
スポーツ選手が愛用している、おなじみの『コラントッテ』のクッション。

コラントッテ クッション

洗濯も可能で、半永久的に使える磁気クッションです。

私のおすすめは、愛用しているネックレスのメーカー『SEV』のウエストベルト。

SEV ウェストベルト

自動車用製品の開発を手掛けてきたSEVの製品で、運転中の効果も期待できますよ!

年に数回しか使わないので、わざわざ買うのもちょっと……、というかたは、テニスボールでも腰痛を緩和してくれます。

背もたれとの間にできる隙間に、テニスボールを入れておくだけ。
これだけでも腰痛が和らぎます。

自分が一番気持ちいいと感じるポジションにボールをセットして運転しましょう。

使い方は、こちらの動画で分かりやすく説明されています。


日常生活で腰が疲れたときにも使えますね。

-健康/美容

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.