花火大会

長良川花火大会2017年の穴場は? 場所をチェックして楽しもう!

投稿日:

長良川花火大会は、全国でも有数の規模の花火大会です。

当日には、長良川の川岸から約3万発の花火が打ち上げられます。

金華山を背景に、スターマインやナイアガラの滝などが夜空を彩ります。

長良川花火大会は、二つの花火大会の総称で二週連続で行われるんですよ!
どちらの花火大会も絶好の場所で眺めたいですね。

長良川花火大会は人出も多いので、事前に穴場を確かめておきましょう。

長良川花火大会 2017年の日程は?

はじめにお伝えしたように、長良川で行われる二つの花火大会をまとめて、長良川花火大会と呼ばれます。

それぞれの日程は、毎年、

  • 全国選抜長良川中日花火大会
    →7月最終土曜日
  • 全国花火大会
    →8月第一土曜日

となっています。

そうすると、2017年は

7月29日

8月 5日

の開催ですね。

時間

長良川花火大会は、おおよそ以下のスケジュールで行われます。

9:00~  朝の部・昼の部(号砲や彩煙)

日中は当然ですが、音だけで花火は見られませんね。
街中では、浴衣姿の人が多くなり、お祭り気分が楽しめます。

18:00〜

色玉やスターマインが上がり始めます。

日が傾いてくるので、うっすらと花火が見えてくるでしょう。
この時間には穴場に着いておきたいですね。

19:00または19:15

いよいよ夜の部がスタート!

こんな花火が見られるんですよ!
スゴいですね〜。

20:45〜 終了

帰る人で混雑しますので、気をつけてくださいね。

長良川花火大会 アクセスは?

当日は14:00ころから人が多くなってきます。

早めに移動をすませておきましょう。

バス

16:00ごろまでは、

JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から花火会場行きバス

「長良橋」または「鵜飼屋」下車

します。

夕方になると、それぞれのバス停は利用できなくなりますので、注意しましょう。

当日は、JR岐阜駅前と名鉄岐阜駅前から臨時バスが運行されます。

帰りは、岐阜市役所前バス停から名鉄岐阜駅・JR岐阜駅間で運行します。

駐車場は?

近辺の有料駐車場の利用となりますが、早い時間には満車になってしまいます。

道路もとても混雑するため、自動車を使うのは避けたほうがいいですね。

徒歩

徒歩ですと岐阜駅からは40分くらいかかります。

歩くのは大変だな〜、と思ってしまいますが、当日のバスも待ち時間や車内の混雑で大変だったりします。

お子さん連れなどでなければ、歩いて行くと意外と楽に行き帰りできるかもしれません。

長良川花火大会の穴場は?

例年、たくさんの人出の長良川花火大会。
できるだけ、余裕を持って見ていたいですよね。

穴場として知られているスポットを紹介します。

会場から西にある忠節橋から島大橋付近

会場付近に比べて人が少ないですがよく見えます。

メモリアルセンターのグランド

サンサンデッキでは夜店あり、トイレも綺麗ですが、その代わり『ナイアガラ』は見られません。

SPONSORED LINK

金華橋の西側

通行止めで、車ははいってかず、人通りもわりと少ないです。
屋台は少ないですが、首が疲れない程度の角度で楽しめます。

金華橋の下の土手もオススメです。

長良川花火大会 金華橋寄りからの様子

A post shared by ちるを (@yuyu_chi_) on

 

JR西岐阜駅

比較的人も少なく、意外に良く見えます。

金華山の頂上

ロープウェイから見下ろす花火はまた格別です!
金華山は混雑するので、穴場というより見どころといえるかも。

早めに到着しておきましょう。

https://twitter.com/syuya0205/status/759924241076592640

国際会議場横の駐車場

長良川国際会議場では、抽選で屋上庭園から観覧できます。

当選できればラッキーですが、駐車場からでもよく見えるんですよ。

まとめ

長良川花火大会は、ほぼ同じ場所で二回行われるので、スケジュールの調整がしやすいですね。

社会人の方も、お盆休みに入る全国選抜花火大会なら見に行けそうです。

足を伸ばせば、長島スパーランドや2017年にオープンしたレゴランドなど、夏休みの思い出作りにぴったりなスポットもあります。

友達や家族と、たくさん楽しんでくださいね。

\ シェアしてください /

-花火大会
-, , ,

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.