健康/美容

熱中症には経口補水液! スポーツドリンクとの違いは? おいしい作り方も紹介!

更新日:

スポーツが大好きな私(筆者)は、運動時の水分補給には必ずスポーツドリンクを摂取しています。

家には必ずスポーツドリンクの買い置きがいっぱい(笑)

だから熱中症対策にもスポーツドリンクを飲んでいれば大丈夫!

そう思っていたんです。

でも…それが間違った知識だったということが最近発覚(汗)

熱中症には経口補水液が最も効果的であるということを知りました。
スポーツドリンクと経口補水液の違い効果的な飲み方をご紹介しましょう。

SPONSORED LINK

熱中症には経口補水液が良い理由

最近は経口補水液を紹介するCMや、ドラッグストアの店頭でも経口補水液の売り場を見かけるようになりました。

経口補水液とスポーツドリンクとの大きな違いは『成分』と『目的』。

経口補水液は『飲む点滴』ともいわれ、水に塩分(塩化ナトリウム)と糖分を一定の割合で配合した飲み物です。

  • 成分が体液に最も近い
  • 吸収性や吸収速度が速い
  • スポーツドリンクよりも糖分が少なく、塩分が多い

のが特徴です。

女性 ペットボトル 飲む

一方スポーツドリンクは、水分、糖分、塩分、ミネラルをバランスよく配合した飲み物。

身体への浸透性は他の飲み物に比べると高いのですが、経口補水液に比べ塩分が少なく、糖分が多いのが特徴です。

スポーツドリンクは、運動や肉体労働などで大量の汗をかいたときに摂取するのが目的。

そのため成分も運動で蓄積される疲労の素『乳酸』の分解に必要なクエン酸ブドウ糖などの糖分を多量に含んでいるのです。

熱中症は体内の水分や塩分のバランスが崩れて起こります。

だから、熱中症には糖分の多いスポーツドリンクよりも塩分を多く含んだ経口補水液の摂取が最適なのです。

熱中症を防ぐ経口補水液の摂り方

経口補水液はいろいろなメーカーから出ていますが、成分はほとんど変わらないのでどれを選んでもOKです。

一番有名なのは大塚製薬のOS-1。

経口補水液 OS-1

SPONSORED LINK

水に溶かして飲む粉末タイプは保管にも場所を取らずにいいですね。経口補水液  粉末

飲み方

経口補水液は一度に飲むのではなく、こまめに少しずつ飲みます。
冷たくキンキンに冷えている状態よりも、常温で飲みましょう。
出来るだけ体液に近い状態で飲むことがポイントです。

そして、熱中症になる前に飲むこと!
熱中症になってからの水分補給も大切ですが、症状によっては口から飲むのが難しくなっていることもあります。

摂取する量

  • 乳児で30~50ml
  • 幼児で300~600ml
  • 学童や成人は500~1000ml程度

※体重1㎏あたり

を目安にしましょう。

これは一日の摂取量ですが、とにかく一度に飲まないことが重要

飲む点滴』ともいわれる経口補水液ですから、500mlを1時間くらいかけて点滴のように少しずつ飲むイメージです。

猫 飲む 蛇口

経口補水液の作り方

経口補水液は自分で簡単に作ることも出来ます

湯冷まし1リットルに対して、

砂糖40g(大さじ4と1/2)

食塩3g(小さじ1/2)

を入れよくかき混ぜるだけ。

これが基本の経口補水液です。

YouTubeでも作り方の動画がありました。
具体的な作り方は40秒あたりから始まりますのでご覧ください。

レモングレープフルーツなどの柑橘類を絞って少量の果汁を少し入れると、さらに飲みやすくなります。
生のフルーツがないときは100%のジュースでもOK。

それでもどうしても飲めない…飲みにくい…という方はジュースを混ぜましょう。

動画ではマンゴージュースやトマトジュースを紹介していますが、オレンジジュースもおススメです。

乳幼児に与える場合(とくに乳児)にはジュースの量は控えます
でも基本濃度を変える必要はありません。与える量だけ気を付けましょう。

経口補水液は熱中症対策だけでなく、熱を出してたくさん汗をかいたときなどにも飲むと良いです。熱中症予防や軽い熱中症には経口補水液はとても効果的です。

しかし、意識がない…動けない…など、熱中症が重症化してしまっているときは、経口補水液の摂取だけでは不十分です。
その場で何とかしようとせず、すぐに救急車を呼んで適切に対応しましょう。

\ シェアしてください /

-健康/美容
-

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.