健康/美容

猫の熱中症対策は? グッズを使って猫ちゃんも元気に快適!

投稿日:

夏、暑くて辛いと感じるのは、私たち人間だけではありません。

特に毛皮に包まれている猫はなかなか上手く体温調節ができず熱中症になってしまうことも。

今回はそんな猫の熱中症対策を中心に、様々な情報をまとめてみました。
後半には熱中症対策に便利なグッズもご紹介します!

猫の熱中症の対策は?

猫は毛皮に包まれてはいるものの、寒さより暑さに強いと言われています。
とはいうものの、人間も体調が悪くなるような暑さは、猫にとっても辛いものです。

猫が熱中症になると、軽度であれば食欲不振などがおこります。
じょじょに熱中症がひどくなると、嘔吐や呼吸困難を起こし、命にかかわる危険性もあります。

なので夏が来る前に熱中症対策をしっかり覚えておきましょう。

ちなみに熱中症になりやすいのは、特に完全室内飼いの猫です。
今回はそんな室内飼いの猫ちゃんに役立つ熱中症対策をご紹介します。

部屋の風通しを良くする

猫の熱中症対策は、人間の熱中症対策と近いところがあります。
ただし、人間は暑いと汗が出ますが、猫は人に比べて汗腺が少なく、体温調節があまり上手にできない動物です。

そのためまず、夏の間はできるだけ風通しをよくしましょう。
窓を開けるなど、涼しい部屋に保つ事が熱中症から猫を守ってくれます。

出来るだけ水分補給させる

これは人間と同じですね♪

猫は自分が飲みたい時に水を飲みますが、夏の間は水を置く場所を増やしてみましょう
そうすると、移動時に水を見つけ飲んでくれることもあります。

できるだけ水分補給をさせる事で、脱水症状を防ぎ熱中症を避けることができますよ。

お風呂場を開けておく

お風呂場は他の部屋よりも温度が低いので、涼しく快適に過ごせる場所になります。

ドアを開けたままにしておき、自由に出入りができるようにしましょう。

その際、お風呂に水を張ってしまうと、猫が落ちてしまう場合も考えられます。
水を全て抜いてからお風呂場を開けてあげると良さそうです。

では次に留守中に気を付けたい猫の熱中症対策などを見ていきましょう。

猫の熱中症 留守番中やクーラーはどうする?

まずは留守中の猫の熱中症対策についてお話します。

留守番中の猫の熱中症対策

部屋を閉め切らない

猫の熱中症になる原因の主たるものは「閉め切った部屋に閉じ込めてしまう」ことにあります。
特に狭い部屋を閉め切ってしまうと、室内の温度がどんどん上昇します。

そうなると猫は体温調節を上手くできず、熱中症を引き起こしてしまうのです。
猫の熱中症は発見が遅れるほどに、症状が悪化します。

そのため夏の間、出かける際は猫を狭い部屋に閉じ込めていないかを確認しましょう。

猫が知らないうちにトイレやクローゼットなどに入っている事もありますね。
出かける前に猫の居場所を確認し、出入りが自由にできるようにしておきましょう!

遮光カーテンで日光を遮る

住宅の中でもマンションなど高層階で暮らす猫は、特に熱中症になりやすいと言われています。

外の温度が40度近くなると、窓を閉め切った部屋の温度はさらに上昇します。
その部屋は人間でも命にかかわる熱中症を引き起こしてしまう環境になってしまいます。

そんな熱中症から猫を守るために、留守にする場合は日光が入ってくる場所に遮光カーテンをしましょう。
できるだけ光による室内温度の上昇を抑えると熱中症対策になります。

遮光カーテンも、できるだけ完全遮光タイプのものが良いと思います。
日光を遮断してくれるカーテンを新たに購入するのもオススメです。

水の置き場所を増やす

前述したとおり、猫の熱中症対策には水分補給も役立ちます。
できるだけ冷たい水を、様々な場所において、ちょっとした時に飲めるようにしておきましょう。

猫はできるだけ新しい水を好むので、給水器を利用するのも良さそうです♪
現在は比較的安価で循環式給水器も購入できるので、使用してみましょう!

では次に猫の熱中症対策に使用するクーラーと扇風機についてお話します。

留守中のクーラーと扇風機の使い方

クーラーは28度に設定する

夏の留守中、猫のためにクーラーを設定してお出かけになる方も多いかと思います。
その際の適温は「28度」と言われています。

ただし猫に直接冷気がいってしまうと、こちらも体温調節ができず体調不良を起こしてしまうこともあります。

SPONSORED LINK


クーラーをつけたままにするのなら、少し冷気から離れた場所に寝床を作るなどの対策をとっておきましょう。

また、クーラーはつけたり消したりするよりも、つけっぱなしの状態が電気代がお得という話も聞きます。
環境にはよくないですが、夏の間のみ、部屋をいつも一定の温度に保っておくのも良さそうです。

そしてクーラーを使用する場合、サーキュレーターで部屋に風の流れを作ると、窓を開けている時のような風通しができるのでオススメです!

扇風機

従来の扇風機は室内温度のままの風を流すので、暑い部屋であれば温風になってしまいますね…。
クーラーと共に使用するのなら、サーキュレーターとして使用できるので効果は抜群です。

また現在では水を吸い上げることで、冷風を流す扇風機も販売されています。

お出かけ中はこの冷風機を使用すれば、電気代も比較的抑えられるのでオススメです!

ではそんな商品と一緒に使いたい便利な熱中症対策グッズをご紹介します。

猫の熱中症はグッズで対策!

今回は獣医師さんも推奨するペット用のクールマットを3タイプご紹介します。
クールマットは省エネでエコな製品です。

けれど、猫が気に入るかどうかは購入しなければわからないのがデメリットです。
それでも、夏に一つあると便利ですよ♪

気に入ってくれたらこの子のように気持ちよさそうに眠ってくれる姿が見られます(^^)

ひんやりアルミクールマット

こちらは猫の体温を調節してくれるアルミを使用したクールマットです。
長方形のタイプもありますが、今回は猫が喜ぶねこ鍋タイプをご紹介します。

自分の体がスッポリ収まる寝床が好きな猫は、そこがさらに体が涼しくなるのならもっと喜んでくれますよ♪

ただし直射日光の当たる場所においてしまうと、逆に熱を集めてしまうので、必ず日陰に置きましょう!
安価で購入ができるのも嬉しいところです♪

ひんやりタオルマット

こちらはタオル素材でいつでも洗える便利なクールマットです♪
ベッドタイプやマットタイプなど様々なタイプがあります!

タオル素材なので乗るだけで体がひんやりするのが特徴で、ふわふわとしているので子猫にもピッタリです。
マットの下には滑り止めがついているので、決まった場所においておくことも可能ですよ!

ぜひ一つ購入を検討してみて下さいね。

大理石のペットマット

このペットマットは大理石を利用していて、上にいるだけで体がひんやりする優れものです♪
電気は使用しないので、電気代もオフできるエコ商品です。

夏の暑い日はこの上でごろりと眠れば、熱中症や夏バテも防ぐことができます。
石の素材なので、イタズラできず、ジェルマットのように破けることもないので留守中も安心して利用できます。

初めて購入するには、少し高価なのがデメリットです。
またこちらも日陰に置かないと逆効果なので気を付けましょう。

ですが、体温を下げる効果は大理石が一番高いので、気に入ってくれたらかなり重宝すると思います!

まとめ

昔は外を自由に歩き回っていた猫も多かったですが、現在は完全室内飼いの猫も増えています。
夏は季節的にお出かけすることが多いですが、犬とは違い猫は一緒に出掛けられませんね。

だからこそ、実は恐ろしい猫の熱中症の事をしっかりと理解し、できるだけ対策を取りましょう!
クールマットは安価なものであれば、スーパーなどで販売している場合もあります。

暑い夏も猫が快適に過ごすことができる環境があれば、安心してお出かけができるはず。
どれか一つでも参考にしていただけると幸いです。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

\ シェアしてください /

-健康/美容
-,

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.