暮し/マナー

お中元の時期はいつからいつまで? 関東と関西の違いは?

投稿日:

お中元を贈る相手として、結婚や仕事で地元を離れた家族や知人のかたなどがみえるかもしれませんね。

同じ地域の人に贈る場合と違って、気をつけたいのは贈る時期。

実は各地域によって、お中元の時期が違うんです。

お中元を贈る時期を間違えると、大変なことにも?!

お中元の時期の地域差をまとめましたので、遠方に贈るときの参考にしてください。

SPONSORED LINK

お中元の時期に地域差がある理由は?

お中元はもともと、「盂蘭盆会」(お盆)に由来します。

お盆のさいの、供養として贈り物をするしきたりが、現在では、お世話になった人に感謝の気持ちとしての贈答品となりました。

この、お盆の時期が地域で異なるのが、お中元の時期の違いになっているんですね。

お中元を贈る時期に気配りを

お中元を贈る時期がずれても、大きく失礼にあたるわけではありません。

ですが、お中元がお盆に関わっている、ということは、贈られた人がお盆休みで不在、ということもありえますね。

お中元の贈答品は、これで暑い時期を乗り切ってください、という意味もあります。
食べ物とくに生鮮食品を選ぶと、受け取るのが遅れると風味が落ちたり、ダメになってしまうことも。

保存が効くものや日持ちが良いものでも、届いたらすぐに味わってもらいたいですよね。

また、先方もお礼状を返すのが遅くなってしまい、気を使わせてしまうかもしれません。

気配りとは少し違いますが、百貨店やネットショップでは、お中元のギフトを早めに予約注文すると、割引してくれる、いわゆる「早割」も行われます。

自分のところはまだまだ、と思っていたら、遠方への早割は終了、というのは避けたいですね。

お中元の時期 関西と関東の違いは?

では、お中元の時期は地域ごとでは、具体的にはどう違うのでしょうか。

まずは大きく、関東と関西での違いです。

関東

関東のお中元の時期は、

7月初旬~7月中旬(7月1日頃~7月15日頃)

SPONSORED LINK

とされています。

明治に暦が変わり、お盆の時期も新暦をもとにしたので、旧暦のお盆の時期よりも少し早くなっています。

関西

関西のお中元の時期は、

7月下旬~8月中旬(7月15日頃~8月15日頃)

とされています。

こちらは、明治の改暦のさいにも、お盆の時期は旧暦のままとしているからなんですね。

各地域での違い

北海道や東北、そして中国・四国・九州は、関東と関西という区分けから少し離れていますね。

それぞれ見ていきましょう。

北海道

北海道は7月下旬〜8月中旬となります。

関西と同じ時期なんですね。
ただ、最近の傾向としては徐々に早くなってきているそうです。

北陸・甲信越

地域によって、

7月初旬~7月中旬(7月1日頃~7月15日頃)

7月下旬~8月中旬(7月15日頃~8月15日頃)

と違います。

金沢など都市部では、7月初旬から中旬が一般的ですが、能登地方では7月中旬からお中元の時期となっています。

どちらの時期でも大丈夫なように、7月15日に届くようにしておくといいですね。

中国・四国

7月下旬~8月中旬(7月15日頃~8月15日頃)

中国・四国地方でもお中元を送る時期が年々と早まっているそうです。

九州

8月初旬〜8月中旬(8月1日〜15日ごろ)

他の地域では、残暑見舞いの時期にもなりますが、
九州ではまだ暑いので、残暑見舞いという感じではありませんね。

沖縄

沖縄の行事は旧暦を基準に行うことが多く、旧暦は年ごとに日取りが変わってきます。
各年でお盆の時期がいつになるか、下調べしておきましょう。

まとめ

テレビやネットの普及で、行事も全国的にあまり変わらなくなってきました。
また、メールやSNSで距離を気にせず、お付合いできますね。

そんな時勢だからこそ、お礼状を添えた贈り物がうれしく思えるのではないでしょうか。

時期にあわせて届いたお中元。
大切な人にも感謝の気持が伝わるははずです。

\ シェアしてください /

-暮し/マナー

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.