催し物/お祭り

岡山後楽園の幻想庭園は春にも! 駐車場やライトアップ情報です!

更新日:

日本三名園の一つである岡山後楽園。

例年は夏と秋のライトアップが、2016年には初めて春にも行われました。

「春の幻想庭園」という響きだけで、ロマンチックですよね〜。

でも、初めてということもあって、かなり混雑が予想されます。
せっかくですから、できるだけスムーズに楽しみたいもの。

岡山後楽園で夜間に開催される「幻想庭園」について、ライトアップ情報から駐車場の情報までご紹介します。

岡山後楽園と幻想庭園の見どころはココ!

岡山後楽園は、藩主のやすらぎの場になるようにと岡山藩の2代目藩主、池田綱政が作らせた庭園です。

その美しい景色は「ミシュラン・グリーンガイドジャパン」で三ツ星に認定されているほど!

歩きながら眺められるように工夫された庭園は、見どころがたくさんあります。

岡山後楽園

移り変わる景色

岡山後楽園では、一年中庭園を楽しむことができるようにとさまざまな花が植えられています。

春は桜にサンシュユオトメツバキアセビユキヤナギが見ごろをむかえ、入場者の目を楽しませてくれます。

また、カリンボケハナカイドウレンゲなども次々と咲きほこり、いつ訪れてもさまざまなな花を楽しめますよ♪

歴史と文化に触れる

重要無形民俗文化財指定の備中神楽が定期公演されています。

開催日は変更になる場合もありますが、毎月第2日曜日の午前11時からと、午後1時からの二回上演されています。

毎月第3月曜日には岡山後楽園オリジナルの紙芝居が公演されます。

歴史や岡山後楽園のシンボルであるタンチョウのおはなしなどを大人から子どもまで楽しめる内容になっています。

時間は午後1時からと午後2時からの二回上演されます。お子さんと一緒にご覧になってみてはいかがでしょうか。

幻想庭園

2016年に初めて「春の幻想庭園」を開催することが決定しました。

こちらは秋の幻想庭園ですが、素敵な景観にウットリしてしまいますね。

話題のプロジェクションマッピングや美しくライトアップされた鶴鳴館を楽しむことができます。

  • 鶴鳴館ライティングプロジェクト
    開催日:4月29日(金)~5月31日(火)
    照明デザイナーによって鶴鳴館を光でダイナミックに演出します。
  • 流店プロジェクションマッピング
    開催日:4月29日~5月15日(日)
    時間:19:30~、19:50~、20:10~、20:30~、20:50~
    (各4分程度の演出になります。)

テーマは「夢見る庭」、アートと和の世界を光で夢幻のストーリーとして繰り広げられます。
入園料は高校生以下が入園無料、大人は400円、65歳以上の方は140円となっています。

岡山後楽園の幻想庭園 駐車場や交通情報

車で来園するなら、近隣のコインパーキングよりも、お得な岡山後楽園の駐車場を利用するのがオススメです。
駐車料金は1日100円です。

しかしながら、幻想庭園が初めて春に行われるということで、かなり入園者数が予想されます。

公共交通機関を使った方が早くて楽ですので、お勧めします。

SPONSORED LINK

バスなら、JR岡山駅から「藤原団地行き」に乗車12分ほどで「後楽園前」

路面電車ですと、「東山行き」の路面電車で5分ほどで「城下」に到着
下車したあとは歩いて10分ほどです。

バスを利用した方がすぐに岡山後楽園に着きますが、路面電車を利用して、徒歩で岡山の街並みを散策してみるのもいいかもしれません。

岡山後楽園の幻想庭園 周辺スポットも見逃せない

岡山城

岡山後楽園のすぐ傍にある岡山城も見逃せない岡山県の名所です。
岡山城へは岡山後楽園から徒歩5分ほど。

岡山城

なお、岡山城には駐車場はないので注意してくださいね。

入場料はさまざなプランがあり目的に合わせてお得に選ぶことができます。

  • 岡山城入場券
    大人:300円
    小中学生:120円
  • 岡山城と岡山後楽園の共通券
    大人:560円
    小中学生:260円
  • 岡山城と岡山後楽園と林原美術館の共通券
    大人のみ:960円
  • 岡山城とオリエント美術館の共通券
    大人:480円
    小中学生:200円

観覧時間は午前9時から午後5時30分までですが、入館は午後5時までなので注意してください。

岡山市立オリエント美術館

岡山城、岡山後楽園とは少し離れた場所にありますが、岡山城とセットの共通券が販売されています。

JR岡山駅から「東山行き」の路面電車で5分ほどで「城下」に着いた、すぐ左手にあります。

岡山オリエント美術館

岡山市立オリエント美術館は古代オリエントの文化と歴史の国内で唯一の専門美術館。

とても珍しい古代メソポタミア文明の資料などがありますので、歴史好きならぜひ足を運んでくださいね。

入場料は小中学生が100円、高大学生が200円、大人が300円です。
開館時間は午前9時から午後5時までですが、入館は午後4時30分までとなっているので注意してください。

また、休館日は毎週月曜日と展示替え期間になります。
訪れる前に会館しているかどうか、確認してみてください。

岡山県観光物産センター「晴れの国岡山館」

岡山駅から岡山後楽園に向かって徒歩で800mほどのところ、岡山シンフォニービルの一階にあります。

備前焼や岡山の銘菓に地酒など、特産品もたくさん販売されているんですよ。

https://plus-times.com//HLIC/d8ff3def2619975cd680fd7581142a63.jpg出展:http://www2a.biglobe.ne.jp/marusan/phharenokuniokayamakan.html

ギャラリーも併設されていて、国や県指定の伝統工芸品、重要無形文化財の方々の作品なども見られます。

観光・イベント情報やパンフレットなども入手できます。
早めに訪れて情報をゲット、ライトアップまでの予定を立てるのもいいかもしれません。
岡山駅に近いので、お土産に迷ったら立ち寄ってみましょう。
岡山といえば、桃太郎にちなんだお菓子などもいいですが、美味しいと評判なのはトマトゼリー。

少し値は張りますが、隠れた銘品として喜ばれますよ♪

 

-催し物/お祭り
-, ,

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.