紅葉

六義園の紅葉の2017年の見頃は?ライトアップの混雑を避けるワザはこれ!

更新日:

東京の中心地に、突如現れる、純日本庭園「六義園(りくぎえん)」。
江戸時代の大名屋敷の名残と聞くと、納得です。

四季折々の楽しみがありますが、秋は、何といっても、紅葉!
六義園では、紅葉のピークに、夜のライトアップが行われます。

「2017年の見頃はいつ?」

「見どころは見逃したくない!」

「できるだけ混雑を避けたいな〜」

そんな疑問にお答えします。

六義園の紅葉の見頃は?

六義園の紅葉の色づきは、2017年も平年並みの予想です。
11月下旬〜12月上旬ですね。

11月中旬から色付き始め、少しずつ広がっていきます。
11月下旬には、イロハカエデ約400本。ハゼノキ・イチョウなど約560本が。
ほかに、モミジ、ケヤキなどの紅葉も見られます。

12月上旬になると、落葉が始まり、落ち葉のカーペットに。
12月10日過ぎには、ほとんどの葉が落ちてしまいます。

強風が少なければ、落葉も遅くなるので、長く楽しめるでしょう。

アクセス

JR山手線駒込駅 徒歩7分
東京メトロ南北線駒込駅2番出口 徒歩7分
都営三田線千石駅A4出口 徒歩10分

入園料

大人(中学生以上) 300円(都内在住、在学の中学生、無料)
小学生 無料
65歳以上 150円
年間パスポート 1,200円

旧古川庭園などとの、共通パスポートもあります。

六義園の紅葉 見どころはここ!

徳川五代将軍綱吉の時代の御用人、柳沢保則の
大名屋敷として作られた庭園。

明治時代は、三菱創業者、岩崎彌太郎の別邸でした。

紀州の景勝地などを参考にした、起伏のある景観。
大きな池に掛かる橋、峠を模した地形。
季節ごとに見どころが変わるところも魅力です!

回遊式築山泉水庭園は、池の周りに草木を配し、
遊歩道を散策できるようになっています。

そのほか、渡月橋周辺、つつじ茶屋周辺もオススメ。
藤代峠からは、紅葉が一望できます。

ボランティアの庭園ガイドさんにお願いすれば、
もっと深く知ることができそうです。

入園料のみで、ガイドは無料。
入園する時に申し込んでください。
土・日・祝日の11時〜と14時〜。約60分です。

歩き回ったら、おなかも空きますよね。
お茶屋さんで一服しましょう。

もみじ茶屋

ライトアップ期間 10:00〜20:00
ラストオーダー 19:30

SPONSORED LINK

吹上茶屋

本日は奥さんと日本庭園散策。お抹茶頂きやす。

A post shared by takuya jr. yoshida (@takuyajryoshida) on

ライトアップ期間 9:00〜20:30
ラストオーダー 20:00

心泉亭

平日 12:00〜20:00・土日祝日 10:30〜20:00
ラストオーダー 19:30

 

お土産処では、オリジナルグッズもあります。

昼、夜ともに、デートコースにもオススメです。

六義園のライトアップと混雑を避けるワザ!

2016年のライトアップ期間は、

11月18日(土)〜12月6日(水)

ライトアップは、日没から21:00(入園は〜20:30)です。

1番見て頂きたいのは、「水香江(すいこうのえ)」のライトアップ。
蓮池跡地に、水の流れのような青白い光と、ミストが合体!
幻想的な光景が見られます。

紅葉と大名庭園のライトアップもオススメです。

ライトアップ期間は、歩くのも困難なほどの大混雑になることも。
少しでも混雑を避けるワザが、いくつかあります。

平日早めの時間か、閉園前に入る

週末は、入園するだけで、1時間待ちも。
できれば、平日の日没前、16時頃から。

夕暮れからライトアップまでの風景が楽しめますよ♪
閉園前、20:00頃〜も、たくさんは見られませんが、オススメです。

雨が降りそうな天気の日を選ぶ

天気予報で、雨が降るかも?という日を選びます。
秋晴れよりは、人出が少ないかも?

車よりも電車で

六義園には、駐車場がありません。
周辺には、何ヶ所かありますが、車を停めるにも行列が。
電車がオススメです。

染井門を通り過ぎて、正門へ

ライトアップ期間は、駒込駅から正門へ向かう道の
途中、染井門も開門されます。

駅から徒歩2分なので、染井門から入園する方が
多くなり、混雑が。

少し遠くても、正門まで行った方が、早く
入れるかもしれませんよ。

前売り券を買っておく

実は、六義園には、前売り券があるんです。

正門チケット売り場でしか買えませんので、予定の日の前に、
1度購入しに行かなければいけませんが、前売り券なら、
ほとんど並ばずに入れます。

デートの時など、ポイント高くなりますよね♪

まとめ

六義園のライトアップは、ただ光を当てるだけ
ではなく、動きのある演出!

1度は訪れたい、紅葉スポットです。

日本庭園を全体的に見るには、昼間の方がオススメ。
できれば、1日ゆったりしたい場所ですね♪

保存

-紅葉
-, , ,

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.