健康/美容

夏風邪の症状 咳が続くのは怖い病気のサインかも? 注意するポイントは?

更新日:

暑い夏にかかる夏風邪

発熱、のどの痛み、腹痛などの症状が特徴です。

ゆっくりと休んで免疫力が高まれば自然に収まることが多いのですが、時には微熱などの症状が長く続くことがあります。

微熱や咳がなかなか治まらないときには要注意です。

単なる夏風邪ではなく、別の病気が潜んでいるかもしれません。

症状が風邪に似ているので「そのうち治る」と油断していると、命にかかわることがあります。

夏風邪で咳が続くときには要注意。

実はこんな病気が隠れているかも…?

SPONSORED LINK

夏風邪じゃない ウイルス性気管支炎

咳をする女性

夏風邪が治った後に咳が続く…というのは、実は多くの人が経験することです。

その咳のほとんどは、ウイルスの仕業です。

ウイルスに感染して、気管支が炎症を起こしてしまっているのです。

炎症が治まるまで、痰のからんだ咳が続いてしまいます。

病気の特徴

気管支の炎症

発熱

(熱が下がった後も2週間程度続く)

治療方法

咳を鎮めたり、痰を出しやすくする薬を用いた対症療法

ウイルスには特効薬はありません。

ゆっくり休んで栄養を摂り、体の免疫力をあげることが大切です。

1か月もすれば、自然に収まることがほとんどです。

ただし、2週間程度の咳でも、高熱が続く場合は肺炎を起こしているかもしれません。

病院で診察を受けましょう。

咳が治まらない 夏風邪じゃないかも?

夏風邪の症状は治まっているのに、咳が2週間も3週間も続いている…

それは夏風邪ではないかもしれません。

長く続く咳には危険な病気が隠れているこも!

夏風邪に間違えやすい病気、こんなのがあります。

百日咳

百日咳百日咳菌による感染症です。

子どもがかかる病気と思われがちですが、実は年齢に関係なくかかり、最近では大人の患者が増えているようです。

病気の特徴

発作時に激しい咳が続き、息を吸うときにヒューヒュー音がする

発作時には顔が青紫色になるチアノーゼになる

発作は夜間が多い

発熱がない

感染経路

くしゃみや咳などの飛沫感染

潜伏期間

7~10日

激しい発作は2~3週間ででなくなる。

完治には2~3カ月かかります。

日本では乳幼児期に予防接種(三種混合ワクチン)を受けますが、大人になって免疫が弱くなると、かかってしまうこともあるのです。

大人が百日咳になると、子どもにも広がってしまう恐れがあります。

日本では2008年と2010年に大人の間で流行しました。

大人が百日咳にかかると、なかなか大変なようです。

    • 熱が出て咳も出るし、病院に行ったら「風邪」と診断。

なかなか良くならなくて、再度病院へ。

咳止め薬の処方を変えてもらう。

それでも、1か月たってもよくならなくて咳で眠れないし、さすがに風邪じゃないだろう…と血液検査したら、なんと百日咳!!

そこで、抗生物質で治療開始

完治したのは、病名の通り、約100日後…。

    • 風邪の熱は下がったけど、夜中の咳が止まらず眠れなくて辛い。

そのうち昼間も咳が止まらなくなって、胸から脇腹にかけてズキズキ咳が響いて痛い…。

これは風邪じゃないと検査すると、百日咳。

咳のしすぎで肋骨骨折していた。

…という体験談も。

大人は仕事や家事でなかなか休めず、病院に行くのを後回しにしてしまいがちです。

でも、早期発見早期治療が早く治し周りに広げない秘訣です。

SPONSORED LINK

咳が長く続くな…と思ったら、病院で診察を受けましょう。

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマという微生物が引き起こす肺炎です。

重症化すると呼吸不全を引き起こします。

病気の特徴

解熱後、咳が3~4週間続く

感染経路

接触感染、飛沫感染
家庭や学校などの閉鎖的空間で感染しやすい

潜伏期間

2~3週間

症状が治まってきても、数週間~数カ月マイコプラズマが体にとどまっていることがあります。

よくなったように見えても、症状が悪化することもあるので、油断大敵です。

ゆっくり休んで、しっかり治しましょう。

夏型過敏性肺炎

日本の夏は高温多湿で様々なカビが発生します。

夏型過敏性肺炎は、トリコスポロンというカビが引き起こします。

特にエアコンが原因となることが多く、5~10月の間だけ発生するのが特徴です。

病気の特徴

咳や痰

呼吸困難

感染経路

トリコスポロンを吸い込むことによって引き起こされる

夏型過敏性肺炎は、カビの発生源が大きく影響します。

自宅を離れると症状が改善する…なんてことも。

症状が進むと慢性化し、毎年夏になると症状が出るようになり、それを繰り返していると機能障害や呼吸不全を起こすことになります。

夏型過敏性肺炎を予防するには、カビを発生させないようにすることが大切です。

    • カビの生える環境を作らない

カビは気温20~30度、湿度60%程度で発生、80%で増殖

  • エアコンはまめにほこりをとり掃除する
  • 洗面所やお風呂、台所などの水回りは換気を良くする

カビは、アレルギーのもとにもなるので、本格的な夏の前に、部屋やエアコンのチェックと掃除をお勧めします。

結核

結核は昔の病気というイメージを持っていませんか?

確かに、昔は死の病といわれていました。

今では抗結核薬が開発され、投薬治療で治る病気になりました。

また、BCGワクチンの接種で大きな流行はなくなりました。

が、なくなったわけではありません。

結核は感染しただけでは症状は出ません。

結核菌が体内で活動を始めると発病するのですが、栄養不良や風邪などの病気で免疫力が下がっているときには発病しやすくなるので注意が必要です。

病気の特徴

咳や痰

重症化すると、血の混じった痰がでる

呼吸困難で死に至ることがある

感染経路

感染しても免疫で封じ込められていることがほとんど

感染しただけの状態では他には感染させることはない

発病して、咳や痰と一緒に菌が排出するようになると、飛沫感染のもとになる

潜伏期間

感染者が発病する確率は5~10%

その中の60%が感染から1年以内に発病

結核は抗結核薬の開発や適切な治療法の確立で患者数は減少しています。

発病しても、菌を排出していなければ入院することはありません。

排菌していても、入院期間は排菌の恐れがなくなるまでで、薬をきちんと服用すると2カ月程度で退院できます。

最近流行しているのは「耐性結核菌」による結核です。

症状が改善したから…と薬を飲むのを中途半端でやめてしまうと、その薬に耐性の出来た結核菌ができてしまうのです。

耐性結核は、さらにいろいろな種類の薬を服用しなければならないし、治るのも遅くなってしまいます。

結核は、医師の指示通り服薬することが大切なんですね。

いかがでしたか?

いずれの病気も咳・発熱・頭痛・倦怠感など風邪の症状によく似ています。

「ただの夏風邪、この咳はそのうち治る」

そう思って放っておくと、自分だけでなく、家族や周りの人も巻き込んで病気を流行させてしまうことになるかもしれません。

「咳が治らない、おかしいな」と思ったら、迷わず病院で診察を受けてくださいね。

それが早く良くなる近道です。

-健康/美容
-

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.