催し物/お祭り

運動会のお弁当の準備は前日? 当日? 安心で余裕な方法は?

投稿日:

 運動会は、出場する子どももさることながら、親もついつい張り切ってしまうイベントですよね。

でも、当日の朝は意外と準備で大変

カメラをチェックして、レジャーシートなどの荷物もチェックして、当然お子さんの出る種目の確認もしておきたいところ。

そんな忙しい朝だからこそ、時間は節約したいですよね。

とくにお弁当は、子どもひとり分のお弁当ではなく、親や家族の分も必要な場合も。

「できるだけ前日に準備しておきたい」

「当日は詰めるだけにしておきたい」

前日にできるお弁当の準備、何があるのでしょう?

運動会の当日と前日 作っておきたいのは?

 お弁当は時間が経っても食べられるものを詰めるのが基本。

 とはいえ、当日に作った方がおいしいもの、前日に作っておいた方がおいしいものと、やはり料理の種類によってわかれてきます。

 どんなものがあるのか見てみましょう。

87f28f151f1e12b0f5db0963bf3a08c8_s

煮物や茹でるだけのものは前日

 意外と簡単に作れる煮物系、これは前日に作っておいた方が味が染み込んでおいしくなり、さらにお弁当のバリエーションを増やしてくれる優れものです。

 一例を挙げるなら…

  • かぼちゃの煮物
  • じゃがいも(里芋)の煮っ転がし
  • 筑前煮

 などです。

 これらは前日に作って当日は詰めるだけにしておけば、時間がほとんどかかりません。

 ほかに、茹でるだけの料理も前日に作れてしまいます。

  • 枝豆
  • ほうれん草のおひたし

 などなど、茹でて冷まして、最後に冷蔵庫に入れておけば大丈夫です。

焼き物・揚げ物系は当日の朝

煮物に対して、焼き物系当日の朝の方がおいしくできます。

子どもに人気なウインナーや卵焼きは当日の朝に焼きましょう。

とはいえ、前日から準備できるものは準備しておきたいもの。

朝は焼くだけ、という状態まで前日に用意をしておけば、時間もかからず作れます。

たとえば、ウインナーの場合は前日の夜に切り込みだけ入れておきます。

ほかにも、彩りを兼ねてベーコンのアスパラ巻きを作る場合は、前日にアスパラを茹でておけば、朝の作業がとても楽です。

ちなみに、焼き物系の中でもハンバーグは前日に作ってもおいしく食べられます。

でも、私の経験では、当日に焼いたものの方がおいしいかも…。

朝に強い人は当日に焼かれるのをおすすめします(笑)

揚げ物も当日の朝に揚げるのがおすすめです。

からあげやエビフライなども下準備だけ前日に済ませて、当日は揚げるだけにしておけば、大して時間もかからずできますよ。

当日の朝にしかできないもの

 おかずの下準備ができたところで、当日の朝しなくちゃいけないのは、主食の用意

 定番はやはりおにぎりでしょうか。

 実は、これが意外と時間をかかるもの。

 主食…おにぎり、お寿司、おすすめはしませんが(理由はまた後で)サンドイッチなど、どれも当日にしか用意できないもの。

 しかも量が必要で時間もかかる。

 ここで使えるのがお赤飯です。

 赤飯なら見た目も申し分なく、詰めるだけなので作業も楽。

 ただ、炊くのがちょっと面倒という人もいるかもしれませんね。

運動会のお弁当で避けたいもの

さて、作れるものは前日に、といっても、作ってから当日食べるまでは、半日以上時間が経ちます。

 そこで不安になるのはやはり「食中毒」

 お弁当に避けた方がいいものはなんでしょうか。

ポテトサラダ

前日に用意するおかずの中で避けたいのは、ポテトサラダ

じゃがいもをふかして潰してあえるだけなので、前日に作って冷蔵庫に入れておきたいという人もいるかもしれません。

ここで不安なのがマヨネーズです。

季節によっては平気ですが、やはり運動会の季節はまだまだ暑いもの。

あえるのは当日の朝にした方がいいかもしれません。

生野菜

きゅうりやトマト、お弁当の彩りにはもってこいですが、やはり季節は選ぶもの。

また、サンドイッチも、中に挟むものが生野菜やハムなど傷みやすいものが多いので、避けた方がいいでしょう。

水分を多く含む食品

暑い日のお弁当で、他にも気をつけなければならないことがあります。

重要なのは「水分の多いものは避ける」こと。

生野菜だけでなく、先に紹介した煮物も、きちんと水分を飛ばした方が安全です。

当日の朝、「今日は暑そうだな」と思ったら、保冷剤も一緒に入れておきましょう。

また、最近の冷凍食品の中には、自然解凍でも美味しく食べられるものがあります。

保冷剤を入れるスペースの節約にもなりますよ♪

運動会のお弁当以外にこの用意を!

ae496acb4fa74f811e6ce53317c72626_s

お弁当の準備にかまけていたら、

ほかのものまったく用意してなかった!!

なんて失敗はしたくないですね。

前日の内に、お弁当以外のものも用意しておきましょう。

前日に用意しておきたいものをリストアップしてみました。

SPONSORED LINK

ウェットティッシュ

学校の手洗い場は意外と少ない上、満足に洗えないことも。

ウェットティッシュを持っておくと、食事中のお手ふき代わりにもなります。

レジャーシート

忘れると地面にじかに座ることになります。
みんなでお弁当を食べるときにも必要ですね。

予備の箸やスプーンなど

落としてしまった!! というときに困らないように。
お子さんが友達を連れてきたときも、あると助かりますね。

飲み物

人数分より少し多めに用意しましょう
お茶だけでなく、スポーツドリンクなども用意しておくと、熱中症対策にも。

ビニール袋

ゴミを持ち帰るときに必要です。

カメラのバッテリーやメモリーカード

当日の朝になってバッテリーが残ってない!!メモリーがいっぱい!! なんてことになったら大変。

前日のうちにチェックしておきましょう。

日傘や帽子

日陰の席はすぐに埋まりますし、一日行事なので陰の位置も変わります。

日傘や帽子は熱中症対策に必須です。

また、最近の日傘は通常傘と兼用のものも多いですから、突然の雨などにも使えますよ。

まとめ

手間がかかるお弁当も、今回に紹介したことを踏まえて用意しておけば、朝が楽ですよ。

余裕を持って、運動会に参加しましょう♪

せっかくの楽しい行事、大事な忘れ物がないように、お弁当以外にも、できるだけ準備をしておきたいですね。

\ シェアしてください /

-催し物/お祭り
-, , ,

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.