趣味/娯楽

飛行機の機内の服装は?快適に過ごすためのポイントやオススメはコレ!

投稿日:

飛行機に乗る際に迷うのは

「機内の服装」

ですよね。

数時間のフライトならまだしも、国際便は
10時間以上機内にいなければならないことも。

服装を間違えると、機内で辛い思いをしてしまいます。

私も初めての長時間のフライトでは、あとで
寒くなり後悔しました。

その後の観光や、乗り継ぎのことも考えなくて
はなりませんし、面倒ですよね。

今回はそんな飛行機の機内で快適に過ごせる
服装についてお伝えします。

飛行機の機内での服装のポイントは?

  • やっぱり快適第一
  • 脱ぎ着できるアイテムはマスト
  • 機内ではスリッパはいらない
  • オシャレは小物類で!

私がいつも気を付けているのはこの4つ。
これを頭に入れておけば間違いはありません。

やっぱり快適第一

到着後の観光などを考えると、オシャレをしたい
気持ちはよく分かります。

でも結局のところ大切なのは

「快適さ」

です。

国際線のフライトの時は特に重要ですよ!

基本的に海外の便は、すごく寒いです。

夏場にパーカーを着て乗ったのに、最終的に一応
持っていたヒートテックを着なければならないこともありましたね。

そして海外は、他人の服装を気にする人などいません。

皆自分の納得のいく格好をして、それに自信を持っている人ばかり。

ですから周りを気にせず、リラックスできる格好をしてください。

脱ぎ着できるアイテムはマスト

飛行機では便によって、寒かったり暑かったりとさまざま。

出発場所と到着場所の温度が違うことも多いですよね。

また乗り換えがある場合は、その場所での気温も考えなくてはなりません。

そのため、脱ぎ着しやすく、温度調節が可能なアイテムはマストです。

ジャケットやカーディガン、パーカーなどは大活躍しますよ!

機内ではスリッパはいらない

フライトの時は、スリッパを持っていく!

…これはよく言われている話ですよね。

私も、はじめは持って行ってましたが、一度も
使うことはありませんでした。

そもそも機内では、立つ機会がほとんどありません。

通路側に座れるとは限りませんし、何度も立てば
横の人の迷惑に
なります。

個人差はあるでしょうが、大体10時間程度のフライトで
3回ぐらいトイレに立つだけでしょうか。

座席では靴を脱ぎ、靴下だけでいれば楽。
トイレの数回分ぐらいは、靴を履けば問題は解決です。

正直スリッパの出番はありませんね。

その上スリッパはかさばり荷物になります。

特別に理由がない限り、機内に持ち込まなくても大丈夫でしょう。

オシャレは小物類で!

いくら快適な格好をしていても、少しぐらいオシャレがしたい…

そんな人は小物類を有効に使いましょう。

もちろんジャラジャラとアクセサリーを付けると、機内で邪魔になるのでNG。

しかし軽いシンプルなネックレスなどなら、そんな問題も起きません。
コーデのワンポイントにもなりますよ。

またストールを使うのもオススメです。

寒い時は首に巻いたり、膝にかけたりと用途はいろいろ。

到着後、暑い場所の場合はトランクに括り付けてしまえばかさばりません。

飛行機の機内での服装 オススメのコーデは?

パーカー デニムパンツ

オススメはパーカー×ストレッチのきくデニム。

パーカーのフードは、狭い機内で睡眠をとる際にも便利。
フードを被っておけば、寝顔を人に見られずにすみます。

アイマスクとイヤホン、フードを使えば機内でも寝やすいですよ。

そしてストレッチのきくデニムもオススメです。

普通のデニムでは、長時間の移動では疲れます。
着心地のいい余裕のあるデニムパンツを履きましょう。

スカートやワンピースは、足が出て体が冷える
可能性があるうえ、座り方に気をつけなければならないのでNG。

またデニムを履いていても、ベルトはしないほうがいいでしょう。

飛行機の検査の際には、外さなければならないことも
多く、手間がかかりますよ。

足元は、靴下とスニーカーが楽です。
履き慣れたものを選んでくださいね。

ただし、できればヒモ靴は避けましょう。

暗い機内の中でヒモがほどけてしまうと面倒ですし、
そのあと、トランクなどの荷物を抱えながら結び直すのも大変。

SPONSORED LINK

マジックテープで止めるタイプなら安心ですね。

飛行機の機内の服装 オススメのアイテムは?

着心地◎、合わせやすいパーカー

余計な柄がなく、どんな服装でも合わせやすいパーカーです。

カラーバリエーションは全部で13色。

サイズの種類も豊富で着心地もいいですよ。

楽天でも評価の高い人気アイテム。

機内だけでなく、普段の生活でも着まわしできますね!

むくみ防止&解消に!着圧ソックス

機内で長時間座っていると、自然と
足がむくんでしまうもの。

そんなときの必須アイテムが着圧ソックスです。

機内だと履くのが面倒ですので、自宅から
デニムの下に履いていきましょう。

フライトのあとに観光に行く方は、とくに
足のむくみが気になりますよね。

写真写りも悪くなってしまいますし…。

普段からも使えますし、ぜひ使ってみてください!

飛行機の機内の服装で便利なアイテム

  • 予備の厚手の靴下
  • ヒートテック
  • 圧縮袋

この三つは無くてもかまいませんが、
機内持ち込みのカバンに隙間があるなら、
入れておくと便利なアイテムです。

まずは予備の靴下。

先ほどもお話しした通り機内はかなり寒いです。

靴を脱いだあとは足が冷えてしまいますし、
重ねばきができるものがあると便利ですよ。

そしてヒートテック。
こちらも機内で寒い時に重宝します。

圧縮袋はパーカーやヒートテックなどを
カバンにしまうときに便利ですよ!

まとめ

機内での服装の参考になりましたでしょうか?

現地は暑い場所でも、機内では冷えないように
するのがポイントですね。

長時間のフライトや乗り換えは大変ですが、
自分が快適と思える服装をして臨んでくださいね。

それでは良い旅を!

-趣味/娯楽

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.