育児/子ども

赤ちゃんへの除湿の温度のベストは? エアコンを上手に使って健やかに!

更新日:

春が来たと思ったらもう初夏。

季節の移り変わりは速いものです。

すぐ梅雨に入り、ジメっとした蒸し暑い季節がやってきます。

大人でも過ごしづらいこの季節、赤ちゃんにとっても乗り切るのが大変な季節です。

赤ちゃんは成長途中。

環境に順応するのはすごく難しいんです。

  • 赤ちゃんは、体温が上がりやすい
  • 赤ちゃんは汗をかきやすい
  • 赤ちゃんは自分で体温調節するのが苦手

赤ちゃんは暑さがすご~~く苦手なんです。

赤ちゃんが気持ちよく過ごせる部屋の環境を作ってあげたいですね。

でも、蒸し暑いからと冷房つけっぱなしもよくないような気がするし…

昔は、エアコンの使いすぎは、体の機能の成長を妨げるといわれていたことがあります。

ところが、最近は猛暑日が多いことやエアコンの性能のがよくなってきました。

エアコンは赤ちゃんの強い味方になってくれるんです!

そこで、今回は、赤ちゃんが快適に過ごせる、エアコンの上手な使い方を紹介します。

SPONSORED LINK

赤ちゃんの過ごす部屋の適温は?

赤ちゃん

うちには夏生まれの子どもがいます。

暑いと熱中症になってしまうので、冷房は必須ですね。

皆さん、エアコンの温度設定は何度にしていますか?

一般的に28度に設定することが多いですね。

私も28度で設定、部屋の中は快適です。

ところが

快適のはず…が、赤ちゃんに添い寝していると、肌寒い

そう、空気って、暖かい空気が上に、冷たい空気は下にたまる性質があるんですよね。

大人の高さで快適でも、赤ちゃんのいる下の方は、冷気がたまってしまうんです。

赤ちゃんは、体温調節が上手じゃないので、冷気に当てられると低体温になってしまいます。

低体温にならなくても、冷たい空気にさらされて汗をかくことができないと汗腺が発達せず、体温調節機能が成長できなくなってしまいます。

これではいけない…と冷房の設定温度29度と少し上げて、赤ちゃん目線で快適に過ごせる室温になるように気を付けました。

これで赤ちゃんは大丈夫。

でも、そうなると今度は大人が暑いですよ?

その悩みを解決するのが、除湿なんです。

除湿機能を上手に使う

不愉快な暑さの原因に、湿度の高さがあります。

梅雨などの湿気の多い季節や汗をかく季節には、ジメっとした暑さが多いですね。

一般的に湿度が15%低くなると体感温度が1度下がるといわれています。

SPONSORED LINK

温度は下げたくない、でも、暑さを何とかしたいというときには、除湿すると快適に過ごせます。

赤ちゃんのいる家では、室温は少し高めに、そして、湿度を下げると、赤ちゃんも大人も過ごしやすくなります。

ただ、赤ちゃんの感覚は大人とは違うものなので、温湿度計やエアコンの設定温度に頼りすぎずに、赤ちゃんの様子をこまめにチェックして、調整することが大切です。

赤ちゃんの肌が冷たくならず、適度に汗をかいて体温調節できる温度がベスト。

赤ちゃんの肌着がほのかに湿るなぁ…と感じる程度が目安。

汗をかいたらまめに着替えさせてあげてくださいね。

赤ちゃんと寝るときにもエアコンを使う?

夏の夜、眠るときには皆さんはどうやって涼をとっていますか?

  • 窓を開けっ放し
  • 扇風機回しっぱなし
  • うちわであおぐ
  • エアコンつけっぱなし

いろいろ方法がありますが、赤ちゃんにとってはどれがよいでしょう?

正解は

エアコンつけっぱなし

赤ちゃんにとって風は危険??

赤ちゃんには風が当たりっぱなしになるのは防ぎたいものです。

風は、皮膚表面を冷やして、低体温症の原因になってしまいます。

窓からの風や扇風機は、エコで快適な空間を作り出せるようで、実は赤ちゃんにとっては危険なものなんです。

うちわであおぐ…というのは、た我が家で実践していた方法。

でも、うちわであおぐのをやめると、暑さがやってきて、夜泣きがひどい。

そりゃ、蒸し暑くて不愉快な暑さの中じゃ、赤ちゃんも眠れませんよね。

そこで、エアコンの除湿機能を上手に使って夏の夜を乗り切りました。

設定温度は、赤ちゃんの寝る場所で28度に設定。

エアコンによって個体差があるので、エアコンの設定温度に頼り切らず、実際に肌で感じる温度を確認してくださいね。

エアコン、つけっぱなしって、もったいなくない?

就寝時にはタイマーを使ってエアコンを消して、夜中に暑くなったらまたつけて…という使い方をする人も多いですね。

エアコンは、運転開始から適温にするまでに電力をたくさん使います。

でも、適温になってからの連続運転は温度を維持するだけ。

実はそれほどの電力は使わないものなんです。

実はつけたり消したりを繰り返すより、ずっと運転していた方が、快適で電気代もかからなかったりするんですね。

我が家の夏生まれの赤ちゃんは、うちわをやめエアコンの除湿機能に切り替えると、夜泣きはどこへやら…

夜はぐっすりすやすや眠るようになりました。

いかがでしたか?

赤ちゃんは、暑くても気持ち悪くても、上手に伝えることができません。

大人に取っては普通の温度でも赤ちゃんにとっては過ごしにくいかもしれません。

赤ちゃんの様子をまめに観察しながら、快適な部屋づくりをしてあげてくださいね。

エアコンはその部屋作りの強い味方です。

冷房・除湿機能を上手に使って、赤ちゃんも大人も気持ち良く過ごせる部屋づくり、工夫してくださいね。

-育児/子ども

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.