趣味/娯楽

梅雨のカメラ保管の基本は? 高価な防湿庫は本当に必要?

更新日:

じめじめした空気で、どんよりした気分になってしまう梅雨。

雨が降ると出かけるのがおっくうになり、家にこもりがち。

「おさんぽ写真を撮るのに買ったデジタル一眼、最近使ってないなぁ」

というそこのアナタ!

カビの心配は、買い置きの食パンだけの問題ではありません。
カメラもカビの危険にさらされています。

カビのはえた食パンを捨てるだけでも心が痛むのに、その数百倍のお値段のカメラがカビてしまったら…

ああ、考えただけでも恐ろしい!

というわけで、梅雨時のカメラの保管方法について考えてみましょう。

私の本業は動画制作ですが、意外とスチール撮影が必要な現場も多いもの。

予算や人手が足りなければ自分で撮影してしまうこともあります。

以下にまとめたのは、そんな私がプロのカメラマンさんや、web、雑誌等で見聞きした情報をもとに編み出した梅雨対策です。

SPONSORED LINK

カメラの湿気を防ぐ

カビが繁殖しやすくなるのは湿度60%以上の状態です。

なのでカメラやレンズを保存する際は、湿気を抑えられる容器が必要になってきます。

もしあなたがカメラやレンズをいくつも持っているプロ、もしくは玄人はだしな方なら防湿庫をすすめられるかもしれません。

防湿庫というのは電気で一定の湿度を保つ、いわば冷蔵庫の湿度バージョン。

最近は安くなってきたとはいえ、下手すると中に入れるカメラよりお高くなっちゃいます。

そこまで、できない!という方は簡易ドライボックスが現実的

カメラ用品店に行けば2〜3千円程度で入手できます

私が使っているのはナカバヤシというメーカーの「キャパティ ドライボックス 8L」という製品。

51zdfyDGi1L._AA1087_

湿度計がついているので容器の中が適正な湿度が保たれているか一目でわかります。

ちなみにカメラの保管に適した湿度は40〜50%です。

これにHAKUBAの「キングドライ」という防湿剤を投入します。

61UhndGZDPL

SPONSORED LINK

単なる防湿剤(シリカゲル)ならホームセンターや、100均等でも購入できます。

でも「キングドライ」はカメラに最適な湿度40%の状態を保てるすぐれもの。

そう、いくら湿度がカビの温床とはいえ、乾燥しすぎもカメラにダメージなんです。

念のため、「レンズ専用防カビ剤」もプラスしておきます。

あとは湿度計でちょくちょく適正湿度が保たれているか確認するだけ。

これで湿度対策は完了です。

カメラカビのエサになる汚れやほこりを撃退

精密機械であるカメラにとって、汚れやほこりは天敵とでも言うべき存在。

さらに湿気が多くなる時期には、これをエサにしてカビが大繁殖という危険性も。

私はレンズにほこりがつくのを防ぐために保護フィルターを付けています。

そして、簡易ドライボックスにしまう前に以下のことを習慣にしています。

  • ブラシやブロワーでレンズについたほこりをとる。
    ブロワーは大きなスポイトのような道具で、空気で汚れを吹き飛ばす道具です。
  • クリーニングペーパーでレンズを拭く。
    クリーニングペーバーにはクリーニング液を垂らし、やさしく拭きます。
  • カメラ本体をクロスで拭く。

71BYUZZUDtL._AA1407_

ブラシ、ブロワー、クリーニング液、クリーニングペーパー、クロスがセットになった商品も販売されています。

値段も大体1,000円以下と手ごろなので、持っておいて損はないと思います。

カメラを梅雨どきも使う

いろいろ書いてきましたが、実はカメラをしまいっぱなしにするのが一番よくない

道具は使ってこそ。

使わない道具はすぐにさびついちゃいますからね。

なにも雨の中をカメラを持って出かける必要はありません。

a1180_010415

こんな風に雨にぬれた窓ごしの風景を撮ってみる。

あるいは外に出られない分、お菓子作りにハマっているというならできたお菓子を撮ってみる。

「梅雨だからできない」ではなく、「梅雨でもできる楽しみ方を探す」

何もカメラに限った話ではありません。

ポジティブ思考でじめじめ気分を吹き飛ばしてしまいましょう♪

-趣味/娯楽

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.