暮し/マナー

卒業式と入学式 母親のスーツは変えるべき? ステキな着こなし術を教えます!

更新日:

sotugyou

春といえば、進級、進学の季節ですね。晴れて、新社会人になる人もいるでしょう。

自分の子供が大きくなり、進級、進学など人生の岐路を迎えるのは、親にとって本当にうれしいことです。

卒業式や入学式などの式典は、子供にとってはもちろん、親にとっても、子供の成長の証ですから、大切なイベントですよね。

ここで、特にお母さんが頭が痛いのが、服装のことではないでしょうか?

「卒業式に続いて、入学式があるけど、同じスーツでも大丈夫かしら?」

「少し古いスーツだけど、新調するのももったいないし。」など、悩みは尽きません。

ここでは、卒業式や入学式の服装についてご紹介します。

式典を前に、頭を悩ませているお母さん。お悩みを解決する参考にしてみてください。

卒業式の服装 基本はダーク系で

ルールというほど堅苦しいものはありませんが、卒業式には、基本的にダーク系の色が多いです。

実際は、ネイビーグレーなどのスーツがほとんどで、着物、明るい色のスーツの人が数名といった感じが多いようです。

どちらかというと、入学式にパステル系の明るい色のスーツが多いのではないでしょうか。

入学式も控えていて、その時の服装が決まっていない人は、パステルカラーは避けた方が無難です。

ブラックフォーマルで大丈夫

お仕事の時にスーツを着る人は、ダーク系のスーツを持っている人も多いでしょう。

しかし、そうでない人は、ダーク系のスーツというと、なかなか使う機会もないですよね?

あまり使わないスーツをわざわざ買うのもどうかとお悩みの人は、ブラックフォーマルはいかがでしょう?

喪服などに使える、ブラックフォーマルであればすでに持っている人も多いでしょう。

まだ持っていなくても、必ず使うものですので、この機会に購入しても無駄にはならないと思います。

ブラックフォーマルをアレンジしよう

ブラックフォーマルだけでは、暗くなりすぎますので、こんな方法で簡単にアレンジをしてみてはいかがでしょう。

  1. 色ものや、襟が大きめの華やかなブラウスをインナーにいれましょう。
  2. コサージュベルトなどをプラスしましょう。
  3. 華やかなストールパールのネックレスなどで首元を彩りましょう。

カバンも黒っぽいものがいいですが、まさに冠婚葬祭用のカバンにしてしまうと、本当にお葬式みたいになってしまいます。

黒のカバンにするときは、金具にシルバーやゴールドなどが少し入っているものがいいですね。

卒業式の服装は、お住まいの地域や学校によっても多少、雰囲気が異なります。

黒一色に統一されている場合や、淡い色合いのスーツが多い場合もあるでしょう。

同じ地域に住んでいるお母さん方に聞いて、慣例などを情報収集されるといいでしょう。

SPONSORED LINK

入学式の服装は明るい色を

nyuugaku

卒業式が厳かなイメージで、ダーク系の色でピリッとしめる人が多いのに対して、一転明るい色合いの服が多くなります。

明るいといっても、赤や青などの原色は厳禁です。あくまでも主役は子どもですよ。

色合いは、パステル系のピンクイエローベージュなどが多いですね。

スーツといっても、ツーピースを買うのではなく、白やベージュなどのジャケットだけでも十分です。

ブラックフォーマルのワンピース、もしくはスカートの上に、そのジャケットを羽織れば、入学式スタイルになりますよ。

カバンや靴は、服に合わせて、お手持ちのもので、派手すぎないものを選ぶといいですね。

卒業式 入学式に共通する注意点は?

今は、昔ほど堅苦しくなくなっていますので、スカートにこだわらず、パンツスーツの人も増えてきました。

卒業式、入学式は体育館や講堂など、板張りの広い建物内で行われますよね。

季節がら、冷え込むこともありますので、寒いのが苦手な人はパンツにして、しっかりと防寒対策をするといいですね。

こんなことに注意しましょう

卒業式、入学式にかかわらず、以下のことには注意してください。

  1. ミニスカート柄ストッキング靴下はやめましょう。
  2. ヘア用を含めアクセサリーも派手すぎるものはやめましょう。
  3. 新しく買うなら、ツーピースよりもジャケットとスカート(もしくはパンツ)です。
  4. 服装はスーツがいいのですが、ツーピースなどを購入すると、他に使える機会がかなり少ないですよね。

    新しく買う場合は、白っぽいジャケットが一着あると便利ですよ。

    ブラックフォーマルに、白っぽいジャケットを合わせるだけで、入学式でも大丈夫です。

    ジャケットですが、あくまでもフォーマルなものを選ぶようにしてくださいね。

  5. 子供の服装も考えて、子供の服と色をそろえすぎないようにしましょう。
  6. 式の前後で、お母さんと子供と並んで写真を撮る機会も多いですよね。

    そういうとき、子供の服と色が同じだと、あまりぱっとしないことが多いようです。

    白と白だとぼやけてしまうイメージ、黒と黒ではお葬式と間違えてしまいそうですよね。

    子供の服が黒なら、白っぽい色や明るい色を取り入れるなど、子供の服ともうまく調和をとると写真をとっても安心です。

  7. 気温の変化に対応できるよう、ストールなどを準備しておきましょう。
  8. 卒業式はもちろん、入学式でも肌寒いことも考えられます。

    厚着をしてしまうと、屋内では暑すぎることもありますので、すぐ羽織れるようなストールがオススメです。

自分らしく楽しみましょう

学校などで決められている以外、絶対にダメという服装はありません。

ですが、主役の子供を立てる意味でも、今後のお母さん同士のお付き合いを円滑に進めるためにも、あまり派手な服装や、アクセサリーなどは避けましょう。

しかし、目立たないことを考えすぎて、地味に抑えるのもさみしいですよね。

子供もキレイなお母さんの方がうれしいはずです。

子供の晴れ舞台、素敵な衣装で子供と一緒にお祝できるといいですね。

-暮し/マナー

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.