催し物/お祭り

学問の神様 愛知なら三天神参りで御利益もたくさん!

更新日:

愛知県で合格祈願といえば「名古屋三天神参り」。

天神=天満宮は学問の神様の菅原道真公を祀った神社ですが、名古屋では

上野天満宮・山田天満宮・桜天神社

の三社にお参りするとご利益があると、受験生に大評判でお参りの定番。

学業成就合格祈願に遠方からも訪れる、名古屋三大天満宮の由来や見どころをご紹介します。

SPONSORED LINK

安倍一族が道真公を奉祀した名古屋天神上野天満宮

上野天満宮

上野天満宮の由来と特徴

学問の神様の菅原道真公が九州に配流され無念のうちに亡くなったのは有名な話。

その後、都では様々な不幸な出来事が起こり道真公の怨霊と恐れられました。

その御霊を鎮めるために建てられたのが、実は天満宮の始まり。

道真公は学問に秀でていたため、いつしか学問の神様として崇められるようになったのが、道真公への信仰の始まりです。

道真公ゆかりの神社は大阪にもありますね。

学問の神様 大阪は道真公ゆかりの神社仏閣がたくさん!

大陰陽師として名高い安倍清明の安倍一族も、道真公と同じように都を追われ今の名古屋に移り住みました。

わが身と道真公の境遇を重ね合わせ、その心情を思い道真公の御神霊を祀ったのが、上野天満宮の始まりです。

SPONSORED LINK

上野天満宮の境内に入ると、あちらこちらに鎮座している小さな人形が目に入ります。

赤・黄色・緑色…とカラフルな衣装をつけた人形は、菅原道真公の姿を映したもの。

この小さな人形は「天神みくじ」。

「天神様は招福のお守りとしてご家庭でおまつりください」とあります。

そのまま持ち帰ってお守りにする人もいれば、境内に納めて行く人も多いのだとか。

境内のあらゆる像の台座にところ狭しと並べられた姿は、とてもユニークで思わず笑みがこぼれてしまいます。

上野天満宮の御神牛は本宮の前に二頭迎え合わせに鎮座しています。
まるで道真公を守っているような御神牛。

牛の頭をなで、その手で自分の頭をなでると頭がよくなるといわれています。

ぜひ牛の頭にあやかってみてください。

上野天満宮では、

「瓢箪(ひょうたん)を天神様に奉納すると災厄から逃れることができる」

と言い伝えられています。

道真公が好まれた梅の木の下で瓢箪酒を飲むと、難を逃れるという伝承もあるようです。

奉納する瓢箪の中には願い事を書きいれることができます。

「瓢箪から駒」ということわざもあるように、瓢箪を奉納すると思いがけない幸運に恵まれるかもしれませんね。

上野天満宮へのアクセス

所在地

名古屋市千種区赤坂町4-89

拝観時間

午前9時〜午後5時

御祈祷

午前9時〜午後4時
予約不要

アクセス

名古屋市営地下鉄名城線砂田橋駅から南へ800メートル

次は名古屋の守護神・山田天満宮を紹介します!

次のページへ >

-催し物/お祭り
-,

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.