催し物/お祭り

学問の神様 東京ならこの三天神様!迷いを断って合格へ!

更新日:

本格的な受験シーズンに突入しました。しっかりと勉強して体調を整えて受験に備えることが大切です。

準備が整っていても不安なのが受験生。
神頼みばかりではいけませんが、気持ちを引き締めて臨むために学問の神様にお参りしてみましょう。

合格祈願はこの神様といわれる関東の三大天神様をご紹介します!

SPONSORED LINK

湯島天神は学問の聖地もすぐ近く!

湯島天神

湯島天神の由来

学問の神様といえば、菅原道真が祭られている天満宮

天満宮は日本各地にたくさんありますが、湯島天神は東京を代表する天満宮です。

創建は458年。もともとは天手力雄神という腕力・怪力・強力・筋力を神格化した神様を祀るものでした。

1355年に菅原道真公を合祀し、学問の神社として林道春、新井白石など多くの学者や文人に崇敬されてきました。

湯島天神でのおすすめ

湯島天神で有名なのは学業成就鉛筆です。

合格祈願の必須アイテムとして、受験生への贈り物にも使われています。

受験生を励ます格言が、鉛筆1本1本が書かれています。
形が四角なので、転がって机から落ちる心配もなし。
ぜひこの鉛筆を使って試験に挑みたいものですね。

ただし、センター試験などでは、メッセージや格言が入った筆記具はNGです。

湯島天神の学業成就鉛筆は12本のうち6本だけ格言が書かれています。
試験会場には格言の書かれていないものを選びましょうね。

SPONSORED LINK

湯島天神の学業成就・合格祈願のご祈祷は予約不要。祈祷料は5000円〜20000円です。
受付は午前9時15分から午後4時半までです。

湯島天神にお参りしたら、ぜひ足を伸ばしたいのが湯島聖堂

儒学の創始者・孔子を祀る霊廟で、1797年幕府直轄学校として、昌平坂学問所(昌平校)が開設された日本の学校教育発祥の地です。

ここも合格祈願のスポットとしてたくさんの受験生が訪れます。

湯島天神、湯島聖堂の周りには東京大学、東京医科歯科大学、順天堂大学、明治大学など大学のキャンパスが林立しています。
それぞれの大学を受験する予定でしたら、足を伸ばして訪れるのもいいでしょう。

自分はここに合格するんだ、というイメージが固まり、勉強にも一段と身が入りますよ。

湯島天神の場所とアクセス

所在地

東京都文京区湯島3-30-1

開門時間

午前6時〜午後8時

学業成就・合格祈願祈祷

受付:午前9時15分〜午後4時30分
予約不要

アクセス
東京メトロ千代田線「湯島」駅より徒歩2分

東京メトロ銀座線「上野広小路」駅より徒歩5分

東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」駅より徒歩8分

JR山手線・京浜東北線「御徒町」駅より徒歩8分

都営地下鉄大江戸線「上野御徒町」駅より徒歩5分

都バス都02、上69「湯島三丁目」より徒歩1分

次は亀戸天神の紹介です。

次のページへ >

-催し物/お祭り
-, ,

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.