ハロウィン

ハロウィンの飾りをバルーンで!黒猫の作り方を紹介します!

更新日:

ハロウィンと言えば魔女。
魔女と言えば黒猫

ということで、今回は風船で黒猫を作ってみましょう

実はバルーンアートでは猫は難しいと言われています。
猫の三角の耳がなかなか表現が難しいんです。

そうはいっても猫はかわいいですし、ぜひバルーンアートでも作りたいですよね!
実は猫バカ(笑)のわたしが作り方をご紹介します!

SPONSORED LINK

猫のバルーンアート

まずは作り方の動画です。

動画ではオレンジ色の風船を使っているので、作り方が分かりやすいですね。

黒い風船ですと境目が分かりにくいので(苦笑)。

一通り覚えたら、黒い風船で作りましょう。

必要なものは

  • 細長い風船
  • シールや油性ペン

だけです。

風船1本でできちゃいますから、たくさん作ってみましょうね!

動画を見ながらだと、慣れていないうちは、違うところをひねってしまったり、順番を間違えてしまいます。

画像と合わせて手順を書き出しましたので、一つずつ確認しながら覚えていきましょう♪

 1.風船をふくらませます

001

10cmくらい先を残してふくらませます。

2.猫の顔を作ります

002

003

最初に小さいバブル、そのあとに4cmくらいのバブルを二つ作ります。
ひねる前に風船をぎゅっと握って柔らかくしてからひねりましょう。

005

ふたつのバブルをあわせてひねります。
動画で「ロックツイスト」と言っているのは「たらこひねり」と同じです。

3.耳を作ります

006

007

3cm位のバブルを2個作ります。
先に作った顔をひねり、目にはめ込むようにしてつけます。

4.首のあたりを固定します

008

SPONSORED LINK

009

1.の初めに作った小さいバブルを半分の大きさにひねります。
反対側にも小さいバブルを作って合わせます。

首のあたりに丸い鈴があるような感じになります。

5.前足、からだ、後ろ足をつくります

011
010
012

5cmくらいのたらこ、からだ、5cmくらいのたらこと作っていきます。
基本の動物の作り方と同じなので簡単ですね♪

6.しっぽを作ります

残った部分はしっぽになります。

013

くせをつけたいところをもむようにしてジグザグのくせをつけます。
丸まったくせをつけたいときは手に巻いてもいいですね!

7.完成!

015

シールや油性ペンで顔を書いて完成です!

動画ではオレンジ色なのでペンは黒でいいですが、黒猫を作ると黒いペンというわけにはいきませんよね。

風船専用の白いペンもあるのですが、わざわざそれだけを買うのも…
というわけで、シールやビニールテープを使ってみましょう。

目は丸いシールを使って、ひげにはビニールテープを使うといいですね。

まとめ

ハロウィンパーティにバルーンアートがあると、より本格的な雰囲気が出ますよね!

今回ご紹介したものも、最初は何度か失敗してしまうかもしれません。
けれど、繰り返し練習すれば、絶対に上手くできるはずです(^^)

ぜひ、楽しみながら作ってみて下さいね!

他にもいろんなハロウィン用のバルーンアートを紹介しているので、バルーンのハロウィンパレードをしちゃいましょう♪

ハロウィンにバルーンの飾りを! かぼちゃの作り方を画像で!
ハロウィンにバルーンの飾りを! 大きなかぼちゃの作り方を画像で!

-ハロウィン
-, , , , ,

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.