初詣

初詣の着物 種類はどれがふさわしい? 失敗しない選び方!

更新日:

着物で初詣へ行こう!と決めたものの…

どんな着物があるの?

着物や帯の他に必要なものは?

と、色々な疑問が出てきますよね。

年末年始ののんびりムードはどこ吹く風、毎年、着付けやメイクで忙しい、美容師の私(筆者)が、知っておきたい着物の種類についてお伝えします!

SPONSORED LINK

着物の種類の基本

着物には色々な種類があります。
TPOに合わせて着物を選ばなければなりませんが、馴染みがないと難しいですよね。

美容室に来るお客様からもよく質問をいただきます。

着物の種類を、季節や特徴、シーンなどで分けてみました

女性_着物

生地と仕立て

季節によって生地の素材や仕立て方が異なってきます。

  • 10〜5月
  • 袷(あわせ):裏地をつけて仕立てた着物

  • 6月・9月
  • 単衣(ひとえ):裏地をつけずに仕立てた着物

  • 7月・8月
  • 薄物(うすもの):透ける素材で盛夏に着る着物

柄と色合い

季節に応じて着物の柄と色合いを変えることで、四季の風情より味わえます。

初詣は、”冬”の寒さを忘れさせてくれるような暖色系がおすすめです。

オレンジ、ローズカラー、アイボリー、濃茶やスカーレットなどが華やかで温かみのある色ですね。

柄は、梅・椿・水仙などが”初春”の香りを感じさせてくれます。

振袖・留袖・小紋

振袖

「振袖」(ふりそで)

未婚女性が成人式や披露宴などで着るフォーマルな和装です。
着物の中でも最も華やかな印象がありますね。

「留袖」(くろとめそで)

「黒留袖」は既婚女性のフォーマルです。
「色留袖」は、披露宴からディナーパーティーまで幅広く活用され、未婚女性も着られます

カジュアルな場でも着こなせるところが魅力ですね。。

SPONSORED LINK

入学式や七五三、お茶会などで、ミス・ミセスに関係なく着ることのできる訪問着としても一般的です。

小紋

外出時には留袖よりも適していて、気軽に着ることができます。

全体に繰り返し模様が入っている着物で、洋服でいえばプリントワンピースのようなものです。

デザインや色彩のバリエーションも多く、コーディネートも自由です。

初詣にふさわしい着物は?

女性の方は、種類が豊富で悩んでしまいますね。

一年のスタートは華やかに!お正月ムードをさらに盛り上げたい!

という方は、振袖などフォーマルな着物に挑戦してみては?

混雑が予想される場所へ行くような場合は、小紋のように動きやすい着物がいいかもしれません。

男性の場合の正装は、「紋付、羽織、袴」です。

初詣のようなちょっとしたお出かけには、羽織と着物のアンサンブルが好ましいです。
女性よりバリエーションは少ないですが、男性の着物姿って凛々しくて素敵ですよね!

着物に必要な小物は?

美容師をしていて、着付けのお客様でたまに見受けられるのが、忘れ物をされる方です。

初詣の当日に「アレが足りない!」と、あわてないためにも、着付けに必要な道具をチェックしておきましょう!

  • 肌着
  • いちばん下に着る下着。

  • 長襦袢(ながじゅばん)
  • 肌着と着物のあいだに着る下着のようなもの。
    着物を着せやすく、保温などの効果がある。

  • 腰紐(こしひも)
  • 着くずれを防ぐために腰に締める下締めの紐。
    4〜5本あると安心です。

  • 伊達締め(だてじめ)
  • 腰紐の上に締め、長襦袢と着物に1本ずつ使用。
    計2本。

  • 帯板(おびいた)
  • 帯を締めていく際に間に入れる。
    シワを防ぎ帯を美しくみせる重要なアイテム。

  • コーリンベルト
  • 衿元をきれいに仕上げるために、あると便利な小物。

  • 帯枕
  • 帯結びのデザインをつくるさいの土台。
    形を整える重要なアイテム。

  • 帯揚げ(おびあげ)
  • 帯枕を包み、帯に固定するために用いる。

  • 帯締め(おびじめ)
  • 装飾を兼ねて、帯の上に締める紐。

準備をするさいにそろっているか、必ず確認をしましょう!

着る機会が少ないため、レンタルで済ませる方がほとんどと思われます。

レンタルを利用するときも、柄や色だけでなく、小物もチェックしておきましょうね。

着物の種類や必要な小物を覚えておけば、自信を持って選べますよ。

-初詣
-

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.