ひな祭り

雛人形の飾り方 時期と方角は大丈夫? 正しく飾って楽しくお祝い!

更新日:

桃の節句。
雛壇を飾る家も多いのではないでしょうか?

でも、いざ飾ろうとすると

「あれ? ここはどうするんだっけ?」

なんて事もよくありますよね。

一番上がお雛様とお内裏様っていうのはわかるんだけど…という人も意外と多いのでは?
雛壇の飾り方、しっかり頭に入れましょう!

雛人形の飾り方 並べる順番は?

七段飾りの雛壇の飾り方

  • 一段…殿、姫、屏風、雪洞、お神酒
    古い形では雛壇と自分が同じ方向を向いて左側に飾ります。
    これは、日本では右と左では左の方が上という考えから来ています。現在は雛壇と自分が向き合って左側に、お殿様を飾るようになっています。
    じゃあどっちでもいいんじゃないか、なんていったら怒られそうですけどね(苦笑)。
  • 二段…三人官女、高杯
    真ん中の官女は眉無しです。
  • 三段…五人囃子
    順番は、太鼓、大鼓、小鼓、笛、謡です。
  • 四段…右大臣、左大臣、御前、菱台
    向かって左に右大臣(若人)、御前と菱台を挟んで、向かって右に左大臣(老人)になります。
    これも左の方が偉いという考えから来ているのですね。
    これに合わせるなら、お殿様も向かって右に来るのが自然かも……。
  • 五段…橘、仕丁、桜
    仕丁は、怒、泣、笑の順番です。
  • 六段…箪笥、挟箱、長持、鏡台、針箱、衣装袋、火鉢、茶道具
  • 七段…籠、重箱、御所車

こうして見ると、婚礼道具が六段目に並んでいるのがわかりますね。

お雛様はもともとは自分に降りかかる悪い事を、人形に代わりに受けてもらうという厄除けから始まりました。

貴族の婚礼の際にひな人形が送られるようになり、いまでは女の子が将来いい旦那さんに恵まれますように、という思いも込められるようになりました。
婚礼道具はその名残なんですね。

ところで、七段なんて立派な雛人形は持ってないよ!! という人もいるはず。
七段揃えるのもお財布や置き場所が大変です(汗)。

略式の飾り方

たとえば三段式の場合は、一段目と二段目と七段目を使います。
五人囃子は残念ながら飾られません。

また、変則的に、五人囃子と三人官女を同じ列に並べてしまう、というのもあります。
横に長い台が必要ですね。

一番楽なのは親王飾り(平飾り)と言われるものです。
つまり、一段目だけを飾るのです。

毎年毎年、全部出してられなーい!! なんて人も、親王飾りなら簡単です。
早めに親王飾りを出しておいて、残りは桃の節句の前日〜当日に飾る、というのもいいかもしれませんね。

SPONSORED LINK

雛人形を飾るのに良い方角 悪い方角は?

雛壇年中行事では「方角」と「時期」が大切です。

雛祭りを飾る方角や時期はご存知でしたか?

雛人形を飾る方角

悪いとわれている方角は鬼門などがありますね。
雛人形を飾る方角、実は……

とくに良い、悪いはありません。

「あらっ?」とちょっと拍子抜けされたかも?(苦笑)

さきに雛人形は厄払いの人形と述べました。
つまり、どの方角から悪いものがきても追っ払ってくれるのです。
そのため、飾るのに決められた方角はありません。

ただし、神棚と同じで東や南向きにするといいともいわれています。
また、保存のことを考えると、あまり日の当たるところに置くのはよくないですね。

自宅の家具の配置などを考えて、好きなところ、見栄えのするところに飾れば大丈夫ですよ。

雛人形を飾る時期

飾る時期は、地域や家庭によって様々です。

1月にはもう飾っているところもあり、早いと12月という地域も。
まだ年も明けていないのに、少し早過ぎる感じもしますね。

一般的といわれているのは立春(節分の翌日)あたりです。
ちょうど節句のひと月前くらいですね。

遅くとも節句(3月3日)の一週間前までには飾り終えておきたいものです。

雛人形はいつ片付ける?

片付けは逆に、すぐに終わらせるところがほとんど。
節句の翌日から3月中にはしまいましょう。

こちらも決まった日はありませんが、湿度の低い日、つまり晴れた日に片付けるといいですね。
これは人形が湿度で傷まないようにするためです。

雛人形は何歳から飾る?

時期といえば、女の子が生まれていつから飾るの、とか、逆にいつまで飾るのという疑問もありますよね。
とくに、早生まれの女の子は、もうその年から雛人形を飾るのかな? なんて疑問に思う人もいるかもしれません。

子どもの節句の始まりの目安は「お宮参り」を済ませたか、です。
お宮参りを済ませていれば雛祭りもしていいかもしれませんね。

目安としては2月の上旬までに生まれた女の子は、その年から雛人形を飾れます。
そのあとの場合ですと、翌年に持ち越しですね。

雛人形は何歳まで飾っていいの?

雛人形は厄払いと同時に良縁を願うものでもあります。
女の子が将来いい旦那さんと結婚できますように、という願いですね。
そういう意味では結婚するまでがひとつの区切りかもしれません。

 

女の子がいる家庭なら一度は飾っておきたいお雛さま。
立派なものでなくても、女の子が生まれたらぜひ飾ってあげてみてください。

-ひな祭り
-,

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.