正月

鏡餅はいつまで飾る? 北海道から九州まで時期の違いは?

投稿日:

お正月にかかせないのは「鏡餅」

厄除けにもなると言われていて、今では小さなものから大きなものまで、たくさんの種類が販売されますね!

私も子供のころから当たり前に飾っていたのですが、これっていつまで飾るものなのでしょう?
ちょっと調べてみると、その時期は、地域で異なるのだとか…!

今回はそんな鏡餅を飾る期間について、目安から地域ごとの違いまで、くわしくご紹介します♪

SPONSORED LINK

鏡餅を飾る期間の目安は?

鏡餅は、飾ることで神様にお供えをし、一年の健康・安全を願うことです。

一般的に飾る期間は、

「12月28日~1月11日」

の期間とされています。

地域ごとに違いが出るのは、飾り終える日のみで、飾り始める日は同じです!
どんな場所でも、12月28日に飾り始めるのが良いそう。

と、ここまで書いて私自身まったく知らずに、いつも大みそかに飾っていたので驚いています(^^;)

また、「仏滅に鏡餅を飾ってはいけない」という話もあります。

この六曜と呼ばれる思想は中国から来たもの。
日本の伝統文化である鏡餅とは関係が無いので、気にせず飾ってくださいね。

28日に飾るのは、8という数字が末広がりで縁起が良いとされているからです♪
この日から飾れば、きっと来年も良い年になるはず。

そして鏡開きは一般的に「1月11日」が目安になっています。

この鏡餅には「年神様」と呼ばれる、1年の幸せをもたらしてくれる神様がいるんですね。
1月11日にはこの年神様がどの鏡餅にもついているので、この日にお餅を食べると良いと言われているんです。

ただし、この日は地域によって違いがあります。
その理由をまじえながら、全国での鏡開きの時期を見ていきましょう。

鏡餅を飾る期間 各地域での違いは?

北海道では?

まずは私の住む北海道。
私の家庭は結構適当だったので(笑)、7日だったり11日だったり、とくに決まりも無く開いていました(^^;)

そんな北海道での鏡開きは、一般的な日にちと同じ1月11日です!
その昔、関東から北海道を開拓しに来た方が多いので、この日にちが定着しているみたいですね。

これからは私も1月11日に鏡開きをしようと思います!

東北では?

東北も北海道と同じく1月11日です。
一般的に関東から北はすべて1月11日とされているので、覚えておきましょう♪

ただし、関西やその他の地域から移住された方は、1月11日以外に鏡開きをすることもあるみたいです。

関東では?

実は、この鏡餅文化が広まった江戸時代、関東は1月20日に鏡開きが行われていたんです。

でも、徳川三代目将軍「家光」が4月20日に亡くなってからというもの「20日」を忌日とし、この日には鏡開きをしないことになりました。
そのため、鏡開きの日にちが20日から、ごろの良い「1月11日」になったそう!

というわけで、今も関東では1月11日に鏡開きが行われています♪

SPONSORED LINK

中部では?

中部地方も関東と同じく「1月11日」が鏡開きです!
江戸も近いことから、20日が忌日になったこともしっかりと伝わったのではないでしょうか。

この日にはおしるこがふるまわれるなどのイベントも行われていますよ♪

関西では?

さて、関西地方では、鏡開きの日にちが変わります

江戸時代、関東で家光が亡くなったために変わった鏡開きの日にちは、関西ではあまり定着しなかったんですね。

そのため今までどおり「1月20日」に鏡開きをする方が多いんです。
ただ大阪では、松の内(お正月飾りをしまう日)である「1月15日」に鏡開きをする方もいますね。

また古都である京都では、昔から三が日後の「1月4日」に鏡開きが行われています。
この習慣はとても古く、そして京都らしく「公家」にまつわる理由があるんです。

その昔、元旦から三が日までは毎日同じ白味噌のお料理をいただいていました。
3日も同じものを食べると飽きてしまうため、公家たちが4日目に鏡餅の餅をお雑煮にして食べた事がはじまりのようです。

これは京都のみで知られていることなのですが、京都を見習って4日に鏡開きをするのも楽しそうですね。

中国・四国では?

中国・四国地方では、関東と同じく「1月11日」です。
関西に近いので、20日なのかなと思いましたが、この日付が定着しています。

ちなみに四国の一部地域では、お正月にあんこの入った丸い餅を食べることもあるのだとか!
私の住む北海道では四角いお餅が一般的なので、お餅にも地域によって違いがでるみたいですね♪

九州・沖縄では?

九州・沖縄も「1月11日」です。

ここまで見ると、違いがあるのは関西地方のみ、というのもとっても面白いですね(^^)
京都や大阪は、関東とは違った文化や習慣を大切にしてきたことも、理由の一つではないでしょうか。

けれど、鏡餅の食べ方はやっぱり違います。
とくに沖縄では「中身汁」と呼ばれる、モツを使ったお雑煮を作る方もいるんですよ♪

やっぱり#ばーちゃん の#中味汁 #うますぎる ‼ #沖縄 #okinawa

A photo posted by mirai fukuyama (@mirai_0225) on

お正月時期にはこれに丸いお餅を入れて食べるそう。
濃厚な味がとってもおいしいんですって(^^)

まとめ

鏡開きの日にちは関西以外ほとんど同じです!
でも、食べ方は地域によってまったく異なるので、それもまたおもしろい部分ですよね♪

2017年も、一年の幸せを願いながら、家族みんなで楽しく鏡開きをしてみて下さいね(^^)
今回もお読みいただき、ありがとうございました。

-正月
-, , , ,

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.