趣味/娯楽

海水浴の持ち物 子連れのときは? 安心で楽しく遊ぶために揃えたいモノは?

更新日:

お子さんがいる家庭では、夏休みになるとリクエストされるのはやっぱり海水浴

夏の思い出にぴったりですが、お子さんがまだ小さいと事前の準備も大変ですね。

楽しみでワクワクしているお子さんのためにも、しっかり整えておきたいものです。

でも、何を準備すればいいのか、あれもこれも必要な気がしてどんどん荷物が膨れ上がってしまうかも。

海水浴を安心して楽しむための道具やグッズを紹介します。ぜひ参考にしてください。

海水浴の持ち物 子連れの基本セット

基本となる持ち物は水着、バスタオル、帰りの着替えはもちろんですが、他にも用意すべきものをリストアップしました。

基本の持ち物リスト

帽子(水泳帽)

男の子、女の子に限らずかぶらせてあげましょう。

髪に砂が入り込むのを防ぎます。
日光にさらされている頭をカバーしてくれます。

カラフルなキャップをかぶせてあげると、離れたところからもよく目立ちます。
迷子防止にも役立ちますよ。

ラッシュガード

紫外線対策におすすめです。
素肌をさらす面積はなるべく少なくしましょう。

ビーチサンダル

砂浜の熱は思ったより高いもの。
ガラスの破片など
が落ちていることもあり、必須です。

ビーチパラソル

日陰を確保するために用意しましょう。

余裕があれば、大小二つ持っていきます。
小さなお子さんが眠ってしまったときに、日陰を作ってあげることができますよ。
大人や一緒にいる兄弟が、日陰がなくて困ることがなくなりますね。

バスタオル

着替え用とは別に、大きめのバスタオルを用意しておきます。
休憩時に肩からかけたり、座った膝の上にかけておくことができます。

日焼けを防止はもちろんのこと、熱中症の予防にも。
羽織っておくだけで体力の消耗が全然違います。

またレジャーシートの上にもう一枚、バスタオルなどを敷いておきます。

お子さんをレジャーシートに直接に寝かせておくと、熱中症の危険があります。
乳幼児を地熱から守ってあげましょう。

基本セットにプラスアルファ

さらに持っていくと重宝するものをリストアップしてみました。

  • 絆創膏
    水に強いものを選びましょう。大きさも数種類あると安心ですね。
  • 熱さまシート
    日焼けしたところのクールダウンにも便利です。
  • 日焼け止め
    子ども用を用意して、太ももなど足も忘れず塗ってあげましょう。
  • 帽子
    つばの広いもの、カラフルなものが機能的で目立ちます。
  • 迷子札
    小さいお子さんなら人目につきやすい腕につけてあげるといいですね。
  • 薄手の上着
    Tシャツや、前あきの上着を1枚用意してきます。
    休憩中の日焼け対策に役立ちます。
  • スポーツドリンク
    脱水症状を防ぐために。必ず1本は用意しましょう。

持っておくと安心 思わぬトラブルを防ぐ持ち物

人が集まり、海辺というふだんとは違う場所。
色々なトラブルのおそれもあります。
転ばぬ先の杖として、準備しておきたいものもチェックしましょう。

保険証

家族全員分の保険証は必須ですね。
アレルギーなどがある場合は、どのような状況か分かるものも準備しましょう。

日焼け止め

子ども用も用意します。

熱中症対策に首の後ろ側に
足は意外と忘れがちですが、日焼け対策にかならず塗ってあげましょう。

虫刺されの薬

クラゲはもちろん、砂浜や海辺に虫がたくさんいます。

合わせて消毒も持っていきましょう。応急処置ができると症状も軽く済みます。

ウナコーワ エース

海水浴の持ち物 小さい子にはこれ

浮き輪はベビーフロートの足が入るタイプがおすすめです。

両腕をあげても浮き輪が抜けません。
大人がつねに支える手間も省けます。

ベビーフロート

SPONSORED LINK

小さな子にはポンチョ型フード付きバスタオルを。

フードがあるので後頭部を隠してくれますし、ポンチョ型なら背中の日焼けを防ぐことも可能です。

かわいいデザインなら小さな子も喜んでくれそうですね。

ポンチョタオル

乳幼児の場合は、海で食べられるものがない場合も考えられます。
レトルトの離乳食を持って出かけましょう。

体力を消耗するのでしっかりと食べさせてあげることが大切です。
ふだんとは違う状況で食べるので好き嫌いがいつもと違うかもしれません。
2〜3種類くらい準備すると安心ですね。

海水浴の持ち物 小学生ならこんなものも

泳げるようになった小学生には、アームリングをつけてあげると安心です。

全く泳げない子よりも少し泳げるくらいの子の方が、危険なことが多いもの

アームリングの補助で、体が浮くのを助けてくれます。

子供 腕浮き輪

また、岩場がある場合は必ずウォーターシューズを履かせるようにしましょう。
ウォーターシューズ

海水浴の持ち物 海の事故を防ぐためにはコレ!

ホイッスルは緊急時に助かります

子どもがもしも溺れているのを見つけたら、周りに助けを求めるときに使います。

あってはなりませんが、子供の命が最優先です。
ホイッスルで周りの人に緊急事態を知らせましょう。

もちろん子供に持たせておいてもいいですね。

首から下げると泳いでいるときに首にヒモが巻きついて危険なこともあります。
安全のため、ゴムなど腕に着けてあげましょう。

大声だけでは周りの音にかき消されてしまうこともあります。
ホイッスルを持ち合わせていないときは、テーブルを叩くなど緊急手段を考えておくといいですね。

持ち物はカラフルなものを

迷子になったとき、海で泳いでいるとき、目立つ色なら子どもを見つけやすいです。
他人の目にも触れると記憶に残り、尋ねるときも特徴が伝わりますね。

水着が地味ならアームリングでも、キャップでもかまいません。
子どもを見失わないように目印になるものを身につけさせましょう。

その他にも、次のようなことに気をつけましょう。

子供から目を離さない

海は楽しいですが、危険と隣り合わせです。
子どもからまず、絶対に目を離さないことが大前提です。

遠くに行かない、泳ぎに行く前は必ず大人に声をかけるなど約束事を決めておきましょう。

使用前にはチェック!

去年の浮き輪は、お子さんのサイズにあっているか、劣化して敗れていないか、事前に一度、膨らませておくこともお忘れなく。

浮き輪は1人に1つずつ用意しましょう。

レジャーシートなどはニオイや汚れ・カビなどがついてないか確認しましょう。
数日前に陰干しをしておくといいですね。

水分補給を忘れない

一日を通して、遊びに夢中になっている子どもたちは水分補給を忘れてしまいます。
大人が1時間毎に意識的に声をかけてあげましょう。

私は子どもたちに、

「一口水分補給しなければ海に入ってはいけない」

と必ず引き止めるようにしました。
遊びたい子どもは必ず一口飲んでくれるので、脱水症状を起こす心配がありません。

まとめ

海が初めての小さなお子さんを連れて行くときは、帰宅時間も計算しましょう。

渋滞に巻き込まれないように帰宅時間を早めてあげると、負担が少なくなります。

帰宅まで気を抜かず、また来年も海に行きた〜いといってもらえるよう、楽しい思い出を作ってあげましょう。

-趣味/娯楽
-

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.