健康/美容

急性胃腸炎の原因 ストレスのときはこれで退散! スッキリ解消!

更新日:

「ストレス社会」といわれる現在、胃薬が手放せないという人もいるのではないでしょうか?

胃のあたりがきりきりと痛むあの感じ、つらいですよね。

11002054711

「急性胃腸炎」と聞くと、ストレスが原因だと思っていませんか?

もちろんストレスが原因の場合も多いですが、実はそれ以外にも原因があるんです。

今回は、「急性胃腸炎」とその原因について、調べてみました。

急性胃腸炎の原因は?

ひと口に急性胃腸炎といっても、その原因はさまざまです。

ストレス性胃腸炎

ストレス性胃腸炎の症状は、

  • お腹(みぞおちの辺り)が痛む
  • 胃がむかむかする、もたれる
  • 食欲が落ちる

などが多いようですが、ひどくなると眠れなくなったりもします。

例えば、重要なプレゼンの前とか、入試、面接前に胃が痛くなるという経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?

子供でも、マラソン大会の朝などに「お腹が痛い」ということってよくありますよね?

親は「気のせい」ですまそうとしてしまいますが、その時点ではきっと本当に痛いんですよね。

これはストレスによって、胃腸をコントロールしている自律神経がバランスを乱し、胃や腸の機能に影響がでます

例えば、胃酸が必要以上に分泌され胃があれたり、潰瘍ができたり、胃や腸のはたらきが低下し、食欲不振や、消化不良などから膨満感を感じたりします。

ストレス性胃腸炎は、市販の胃腸薬を飲んでも症状は改善されないか、一時的には楽になっても、慢性的に痛みを感じるようになります。

自分で判断せず、病院で診察を受け、自分に合った治療法を提案してもらいましょう

ウイルス性胃腸炎

ウイルス性胃腸炎は、ノロやロタなどのウイルスが原因の胃腸炎です。

寒い時期になると、新聞やニュースでよく話題になりますね。

ノロやロタに感染すると激しい腹痛、おう吐、下痢、発熱などの症状がでます。

感染予防はまずは手洗いと調理器具の衛生管理です。

特に寒い時期の手洗いって、子供に任せると「水も冷たいし、ちょっと水で手を濡らしておしまい。」ですよね。

ウイルスが感染しやすい寒い時期は、お母さん、お父さんは、子供の手洗いには目を光らせてあげてください。

細菌性胃腸炎

これは、いわゆる食中毒といわれるもので、食べ物に付着している細菌が引き起こします。

食べ物の加熱や、調理器具の消毒、調理前の手洗いが不十分だった場合に起こります。

症状は、主に腹痛、発熱、血便などでウイルス性胃腸炎に比べると、下痢、おう吐は軽いです。

ストレスと上手に付き合いましょう

ストレスというのは、人間社会で生活している以上、全く感じないということはないでしょう。

そこで大事なのは、「ストレスをため込まない」ということではないでしょうか?

ストレスの解消法は人によってさまざまです。

大好きなスポーツをしたり、家でゆったりと映画を見たり、お料理をする人もいるでしょう。

SPONSORED LINK

lgf01a201312040700

簡単にストレス解消、もしくは軽くできる方法をご紹介します。

投げて、握ってストレス解消しよう

「ぐにゃっとボール」というグッズをご存知ですか?

グニャっとした柔らかい素材でできていて、手のひらサイズの、ストレス解消グッズです。

手のひらサイズなので、仕事中でもストレスを感じることがあれば、手でギュッと力いっぱい握ってみましょう

家に帰って、机や壁に向かって力いっぱい投げつけてみるとさらにスッキリできますよ。

足や手をお湯で温める

お風呂でゆっくりリラックスもいいですが、お風呂はけっこう体力を消耗するってご存知ですか?

体がだるい時や、睡眠不足などで体力が落ちているときの長風呂はオススメできません。

足湯や手湯はテレビを見ながらでもできますし、末端から温めることで、体全体が温まります。

少し汗ばむぐらいまで、さし湯をしながら続けてみてください。

ストレスを感じたことをノートに書きだしてみる

最初に、

  • ストレスを感じた出来事
  • その時に自分が感じたこと
  • 考えたこと

を書き出します。

次に、その出来事の中で、

 うれしく感じたこと

を探してみます。

そうすると、心の整理ができ、前向きになれるかもしれません。

例えば、

  • ストレスを感じた出来事
  •       帰りの電車に乗った時、少しの差で座れなかった。

  • その時感じたこと
  •        疲れているから座りたかった。座れたら楽だったのにと考え、余計にしんどくなった。

  • うれしく感じたこと
  •         立っていたおかげで、キレイな星空が見えた。

と書いてみると、

疲れていたけど、立っていられないほどではなかったし、

座っていたら気がつかなかった、キレイな星空を見ることができた。

何事も悪い面だけではない。と、少し前向きになれるような気がしますよね。

ノートに書きだすと、客観的に事実を見つめなおすことができます。

一時の感情だけで終わらせると、ストレスに感じることでも、そのあとに感じた

「少しいいこと」

を付け加えるだけで、ストレスを軽くすることができるかもしれません。   

おう吐や下痢などの特別な症状はないけど、胃が痛い、食欲がないなど、何となく体の調子が悪いという場合は、ストレス性胃腸炎かもしれません。

ストレスは知らないうちに蓄積されて、カラダがSOSを出しているのではないでしょうか?

ひどくなると睡眠障害や、食欲不振が続き、倒れてしまうこともあります。

胃の痛みがなかなか治らない場合は、早めに医師の診断を受けましょう。

また、できるだけストレスをため込まないよう、自分なりのストレス解消法を見つけて、楽しく、ポジティブに生活できるといいですね。

-健康/美容

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.