暮し/マナー

習い事を辞めるときのお礼 感謝の気持をしっかり伝えるには?

更新日:

春は進学や就職、引っ越しなど、環境が変わる季節。

楽しんで続けてきた習い事をやめなければならないこともあるでしょう。

そんな時、気がかりなことがあります。

お世話になった先生や一緒に楽しんできた教室の仲間への挨拶ですね。

失礼のないようにやめるにはどうすればよいでしょう?

  • やめることをいつ頃知らせればいい?
  • お世話になったお礼はどうすればいい?
  • 習い事をやめるときに出てくる疑問にお答えします。

    SPONSORED LINK

    習い事をやめるとき、これをやったらNGです!

    ????

    お世話になった先生に、失礼なことをしてしまっては大変ですね。

    習い事をやめても、人間関係が切れてしまうわけではありません。

    お互いに不愉快にならないようにやめることを伝えたいものです。

    やめるときにはどんなことがNGになるのでしょう?

    先生方からみて

    「これはちょっと、残念だわ」

    ということを見てみましょう。

    • 「今日でやめます」
    • さっきまで楽しくレッスンしていたはず。

      帰るときになって「今日でやめます」といわれてびっくり。

    • 「しばらく休みます」…いつまで?
    • 「しばらく休みます」と言ってそのまま来ない生徒がいる。

      いつまで休みなのか、それともやめてしまったのか…

      いつ復帰してもいいように席を取ってあるのだけれど、どうする?

    • 電話やメールで「やめます」
    • 「うちの子は今月でやめます」とメールで連絡をいただいた。

      でも、最後のレッスンも保護者は顔を見せず。

      一応お子さん預かってた立場なので、顔を合わせて挨拶したかった。

    • 本人から聞いてない
    • 「○○さんやめるんですって」と他の生徒さんから聞いた。

      でも、本人からは何も言ってこない。

      やめることを聞いてもいいものかしら?

    いかがですか?

    その行動には何か理由があるのかもしれません。

    でも、先生からすると頭の中が???となってしまいますね。

    では、失礼のないようにやめるにはどうすればよいのでしょう?

    やめることが決まったら

    58a93dcdff338bca2fd9f168b75ceff1_s

    習い事をやめるときは、やむをえない事情があるものです。

    でも、なんだか申し訳なくて言い出しづらいですよね。

  • やめると言い出しにくくぐずぐずしているうちにやめる日になってしまった。
  • やめるといいにくいので「お休み」にした。
  • 顔を合わせてやめるといいづらいので、電話やメールにした。
  • というのが失礼の正体なのかもしれません。

    SPONSORED LINK

    また、同じ教室の人にやめることを相談しない方がよい場合もあります。

    噂話は、人から人へ伝わるうちに話が変わってしまうもの。

    違う情報が広まって、嫌な思いをする場合もあります。

    やめる事情ややめる時期は、先生に伝えるまでは教室内で話題にしないのがベストですね。

    中には

    「言ってくれればよかったのに、水臭い」

    という人もいるかもしれません。

    そういう人には

    「言わなくてごめんなさいね。今までありがとうございました。」

    ときっちり伝えれば失礼にはなりません。

    やめる理由は人それぞれ。

    引っ越しや転勤などばかりではありません。

    興味がなくなった、経済的に無理など、言いたくない理由の場合もあります。

    やめる事情は詳しく伝えなくてもOK。

    「家庭の事情で」といい添えれば十分です。

    事務の手続き上、退会申請の時期が決まっていることもあります。

    やめる1ヶ月くらい前には、やめることを伝えて、事務手続きについて確認しましょう。

    感謝の気持ちを伝えたい

    1e65000c8a712ee6a8d550c27b747336_s

    お世話になった先生や、一緒に楽しんだ教室の仲間に、感謝の気持ちを伝えたいという人も多いと思います。

    どんな形で伝えれば、喜んでもらえるのでしょう?

    感謝の気持ちを伝えるときに贈るもので、パッと思い浮かぶのはお菓子ですね。

    みんなで分けやすいお菓子は、生徒の皆さんにも贈るのに向いてます。

    では、先生がもらってうれしいものはなんでしょう?

      言葉

      先生が何よりもうれしいのは言葉です。

      「今までお世話になりました。ありがとうございました。」

      この言葉を聞くと、「これからもがんばってね」と送り出せるそう。

      お子さんが習い事をやめるときには、お子さんからも「ありがとうございました」の言葉を伝えましょう。

      言葉でうまく伝えられないかもという方は、お礼を手紙にするとよいですよ。

      趣味に合う小物

      誰でも好みに合う小物をもらうと嬉しいものですね。

      特に習い事の関連の小物が喜ばれるようです。

      日頃から先生の好みを知っている人にお勧めです。

      金券

      感謝の物を贈ってくれるという気持ちはありがたいです。

      …が、趣味に合わないものをもらうと困ってしまいますね。

      現実的ですが、好きなものを購入できる金券は嬉しいものですね。

      金券だけでは味気ない…

      そう感じる人は、カードや小さなブーケと一緒に贈りましょう。

      より気持ちが伝わります。

    どんな贈り物でも、高価すぎるものはかえって失礼になります。

    3千円~5千円程度の物を選ぶ人が多いようです。

    感謝の気持ちを伝えるタイミングは、最後のレッスンの時がベストです。

    きちんと挨拶をしてお礼を伝えて、気持ちよく次に進みましょう。

    -暮し/マナー

    Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.