育児/子ども

マタニティブルーの症状と原因とは? 旦那さんも知っておきたい対処方法! 妊娠初期から産後まで

更新日:

 妊娠が分かると、新しい命の誕生を祝う気持ちと同時に、
ふと沈んだ気持ちになるのは何故なんでしょう。

 こうした妊娠中の精神的に不快な症状、不安定な心理状態は

「マタニティーブルー」

と呼ばれています。

具体的にどういう症状が出て、どう対処すればいいのか、
とくに初めての妊娠中には戸惑うことも多いかと思います。

でも上手に対処すれば、妊娠中や産後のマタニティーブルー
をきちんと乗り越え、楽しく過ごすことだってできるのです。

マタニティーブルーの症状や対処法を詳しく知って、
憂鬱な時期を乗り切り、楽しい妊娠ライフを送りましょう!

マタニティーブルーの症状

131012_maternity_blue_1

 マタニティーブルーの主な症状は

  • 落ち込みやすい
  • 不安を感じる
  • ささいなことで腹が立つ

などです。

妊娠中や出産後はホルモンのバランスが大きく変動

→その影響で、マタニティーブルーに陥る

と考えられています。

また、単に、妊娠中に避けられないいろいろな
制約によって不快な思いをしてイライラしたり、
出産に対する心配で不安になるということもあるでしょう。

マタニティブルーの症状 妊娠初期から後期

妊娠初期ですとつわりの不快な症状が出て、
落ち込んだり気分が優れなかったりする
かもしれません。

妊娠中期になるとつわりも終わる方がほとんどで、
安定期に入り流産の心配もぐっと少なくなります。

好きなことをしたり気分転換をしたりもできるので、
この時期は精神的に比較的安定してマタニティーブルー
のことは一旦忘れる方が多いでしょう。

けれど妊娠後期になるとお腹はかなり大きくなって
行動に制約が出てきます。出産への不安を強く
覚える方も多いでしょう。

イライラしたりストレスを溜めたり不安感に
襲われたりと、マタニティーブルーになる
可能性は再び高くなります。

マタニティブルーは産後も続く?

では、いざ無事に出産を終えたら
マタニティーブルーは終わるのでしょうか?

残念ながら必ずしもそうとは限りません。

 妊娠中のマタニティーブルーは妊娠を
継続するためのホルモンの影響によるところが
大きいですが、産後のマタニティーブルーは
育児をする環境により大きく左右されるのです。

 たとえば、育児や家事に協力的な旦那さんの
いるお母さんと、そうではないお母さん、
どちらがより育児によるストレスを感じるでしょう?

また、真面目で神経質で責任感の強いお母さんと、
「まいっか」が上手にできるお母さんとではどうでしょう?

 そう、産後のマタニティーブルーは妊娠中よりも
克服・改善が可能なんです。

では次に、妊娠中、産後のマタニティーブルーを
軽くするための対処方法をご紹介しましょう。

マタニティーブルーを夫と乗り切る

131012_maternity_blue_2

 何と言ってもおすすめしたいのが、

SPONSORED LINK

「人を巻き込む」

ことです。協力者、理解者を作ることで、
マタニティーブルーの症状はぐっと楽になります。

協力者、理解者として一番身近なのは、もちろん旦那さん。

子どものお父さんになる方なのですから、
妊娠中の妻のサポート、育児の分担は
当然お願いしていいのです。

たとえば妊娠中。食べ物の匂いをかぐだけで
吐いてしまうひどいつわりになることがあります。

妊娠は病気ではないからと我慢してしまう人も
多いでしょうが、マタニティーブルーの不快な
症状をひたすら我慢するだけでは、心にも、
赤ちゃんの成長にもよくありません。

そういうときは旦那さんにお願いして、自分で
食事を作ってもらう、外で食べてきてもらう
など、不快な症状の原因となる要素を取り除くために、
力を貸してもらいましょう。

身体を動かすのがどうしてもつらいときは、
家事をちょっとだけサボらせてもらいましょう。

掃除を毎日しなければいけない法律なんて
ありません。

買い物が面倒なときにはありあわせで
済ませてもいいのではないでしょうか。

洗濯だって、洗うところまでは洗濯機が
やってくれるんですから、旦那さんに
干してもらえば解決です。

マタニティブルーのときに旦那さんにお願いするコツ

131012_maternity_blue_3

サポート上手な旦那さんを育てるコツは4つあります。

下手に出る

1つ目は、申し訳ないんだけど、と下手でお願いすること。

妻へのサポートは当然のことではあるのですが、
当然でしょ、という顔をされたら、旦那さんは
いい気分がしませんよね。

文句を言わない

2つ目に、やってもらったことには文句を言わないこと。

洗濯物のたたみ方がちょっと気に入らなくても、
食器の片付けがいい加減でも、目をつぶってください。

 どうしても我慢できないときは、

「ここはこうしてもらえると嬉しいな」

程度のお願いをするといいでしょう。

楽なときは自分で

3つ目は、やってもらっていることに
あぐらをかかず、症状が収まっているときは
自分でやること。

感謝を伝える

これが一番重要です。

 やってもらったことへの感謝の気持ちを、けして忘れず、言葉で伝えること。

「とっても助かったわ、ありがとう。頑張って元気な赤ちゃんを生むからね」

「あなたのおかげで赤ちゃんのお世話に集中できるから嬉しいな」

これだけでいいのです。
実行してみてくださいね。

まとめ

妊娠中は、期待と不安が入り混じる期間です。

いまはネットの情報が増えてきて、同じ境遇のプレママからの
情報や交流もとりやすくなりました。

そんな環境だからこそ、身近な人の支えがより嬉しく、
頼もしく感じることでしょう。

とはいえ、旦那さんもパパになる不安や、慣れない家事で
ストレスがあるかもしれません。

互いに理解しあって、無事に元気な赤ちゃんを
出産できるといいですね。

保存

-育児/子ども

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.