紅葉

長瀞の紅葉は2016年もライン下りが素敵! 見頃と時間は?

更新日:

長瀞の紅葉と言えば、荒川のライン下りが有名ですよね!
紅葉狩りは地上からだけでなく、水上からも楽しめます♪

川沿いに茂るモミジやナラ、クヌギなどのキレイな紅葉を観賞できます。
国指定名勝及び天然記念物に指定されている岩畳は500mの長さにわたって続いています。

ライン下りをしながら見る紅葉はこの時期だけの絶景で、様々な自然の表情を観賞できますよ!

この秋は長瀞でライン下りをしながら、いつもと違う紅葉を楽しみませんか?

今回は紅葉に加えてライン下りの情報もお伝えします。

SPONSORED LINK

ライン下りで観賞!長瀞の紅葉の見ごろは?

長瀞は埼玉にあり、都心からもアクセスしやすい人気の紅葉スポットです。
特に荒川沿いの山に広がる木々の紅葉は、素晴らしい景色です!
色彩豊かな紅葉が、川の水面に映し出されるのも絶景♪

荒川中流に位置する長瀞は、巨大で圧倒されるような岩壁と巨岩のある淵瀬があります。

「ここは本当に関東なの?」

と思ってしまうような大自然です。

例年、長瀞の紅葉の見ごろの時期は11月中旬〜12月上旬ですが、天候や気温によって色付きの状況が異なります。

色んな種類の木々が生えているからこそ、赤や黄色の色合いを楽しめますよ。

空と山、そして川面のコントラストやカラーバランスを味わいたいですね♪

長瀞の紅葉でライン下りの時間と料金は?

ライン下りへのアクセスやコース、料金について、さらに詳しくお伝えしますね。
ライン下りをする際の駐車場は長瀞駅の近くにあります。

アクセス

練馬IC→(関越自動車道)→花園IC→(R140)→長瀞駅前
八王子→(関越自動車道・圏央道経由)→花園IC→(R140)→長瀞駅前
所沢→(R299)→秩父(上野町)→(R140)→長瀞駅前
飯能→(R299)→秩父(上野町)→(R140)→長瀞駅前
甲府→(有料道路・雁坂トンネル)→(R140)→長瀞駅前

駐車場

 ・長瀞ラインくだり駐車場、長瀞ラインくだりR140駐車場
住所:埼玉県長瀞町長瀞489-2
収容台数:38台
料金:1日500円

・長瀞駅前駐車場
住所:埼玉県秩父郡長瀞町大字長瀞529-2
収容台数:20台
料金:1日520円

・長瀞舟下り駐車場
住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞813-4
収容台数:38台
料金:1日500円(荒川レジャー開発運営ライン下りの利用者は無料)

・宝登山麓駐車場
住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1766-1
収容台数:320台
料金:1日500円

宝登山麓駐車場はロープウェイ山麓駅まで徒歩2分で着きます。

SPONSORED LINK

電車

東武伊勢崎線→羽生駅→(急行60分・普通75分)→長瀞駅
JR高崎線上越・北陸新幹線→熊谷駅→(急行36分・普通50分)→長瀞駅
東武東上線→寄居駅→(急行15分・普通20分)→長瀞駅
西武池袋線(西武秩父駅)→御花畑駅→(急行16分・普通20分)→長瀞駅

宝登山山頂駅まではロープウェイに乗って5分、秩父の山々が楽しめます。

山頂駅に着くと、しばらく歩いたところに宝登山小動物園と蝋梅園があるので、寄ってみてもいいかもしれません♪

せっかくなので、ライン下りや紅葉狩り以外に、長瀞巡りも良いですね〜!

コース

今年のライン下りの営業期間は12月上旬までの予定で、受付時間は9:00〜16:00です!

5〜20分間隔で運航しています。

コースは3種類あります。

Aコース

距離:3km
通過ポイント:親鼻橋乗船場所→荒川橋りょう→亀の子岩→小滝の瀬→秩父赤壁→岩畳
所要時間:20分

このコースにある小滝の瀬は人気の急流スポットで、よく雑誌の撮影場所にもなっています。
長瀞ラインくだり案内所〜親鼻橋は、無料バスで送迎してくれます。

Bコース

距離:3km
通過ポイント:岩畳乗船場所→大河瀬から穏やかな流れへ→金石水管橋からの眺め→岩と渓谷美が迫る→カエル岩→高砂橋終点
所要時間:20分

大河瀬は小滝の瀬よりも川幅の広い急流スポットで、スリル満点です。
高砂橋〜長瀞ラインくだり案内所は、無料バスで送迎してくれます。

全コース

距離:6km
通過ポイント:親鼻橋乗船場所→高砂橋終点
所要時間:40分

Aコース+Bコースを通して楽しめます。
運航日限定で1日5便、定期便運航しています。
全コースはGW、夏休み、紅葉時期などは運航できないときもあるようです。

料金

Aコース:1,600円
Bコース:1,600円
全コース:3,000円

電話予約は0494-66-0940へ。
WEB予約の場合は、ご乗船日の30日前から前日12時までOK!
予約者優先のシステムですが、乗船券発売窓口で当日購入することもできます。

ちなみに、ライン下りができる会社は何社かありますが、どこで乗船してもほとんど同じ内容です。

ライン下りで気をつけることは?

川下り中は濡れる場合があるので、服装も貴重品も防水対策をして準備万端で臨みましょう!

天候などによって川の状況をみて、多少のコース変更がありますが、船内では前列2人目までの左側と、後列3人目くらいまでの両側が濡れやすいです。
中央あたりが濡れにくいですね。

急流箇所はスリリングな川下り体験ができ、雄大な長瀞の自然を満喫できます。
コース中の岩の説明などをしてくれて、半コースでも十分な時間で下れますよ。

まとめ

紅葉シーズンは長瀞近辺は混雑して渋滞が予想されます。
時間に余裕を持って行動しましょう。

10:00を過ぎると一気に交通量が増えてきます。
9:00ごろまでに駐車場へ駐められるように移動しましょう。

急流下りをしながら紅葉狩りができるスポットは少ないので、大自然を満喫しながら長瀞で紅葉を楽しんでくださいね!

-紅葉
-, , ,

Copyright© Plus Times , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.