育児/子ども

妊娠中に息切れと動悸を感じたら? 原因を知って不安を解消!

更新日:

赤ちゃんがお腹の中に宿り、だんだんと大きく成長していくという体験は、女性だけの特権で、本当に素晴らしいものです。

赤ちゃんをお腹の中で大切に育てるために、女性の体はさまざまな変化をします。

妊娠特有の症状のつらさから、「早く生まれて」と切実に願う妊婦さんも少なくないと思います。

今回は、さまざまな妊娠の症状の中でも、妊婦さんが感じる割合の多い「息切れ」「動悸」について、調べてみました。

「息切れ」「動悸」の原因は?

動悸ってどういう症状かわかりますか?
妊婦さんになる前は、動悸なんて感じたことがないという人も多いでしょう。

動悸というのは、心臓の鼓動が強くなったり乱れたりすることをいいます。
動悸が起こると、ドクドクと自分の心臓の音が聞こえたり、息苦しく感じたりします。

妊娠すると、少し動いただけで、息が上がって息切れしたり、動悸が激しくなることがあります。
a0002_004055

原因①:鉄欠乏性貧血

妊娠中の動悸・息切れの一番の原因ですが、この貧血は初期~出産まで、発症する危険性があります。

妊娠すると、赤ちゃんの血液を確保する必要があるので、貧血になりやすくなります。
ところが、血液を増やすカラダのはたらきに、赤血球の増加が追いつかず、血液が薄まった状態になってしまいます。
そのため、動悸息切れのほかに、めまい立ちくらみ頭痛などを伴うこともあります。

特に、妊娠前から貧血気味の人は、鉄欠乏性貧血になりやすいといわれています。

貧血がひどくなると、赤ちゃんの成長にも影響が出ますので、注意が必要です。

原因②:プロゲステロンの増加

これは、妊娠初期~中期にかけて起こりやすいと考えられています。

プロゲステロンは、妊娠状態を正常に保つという、重要な役割がありますが、プロゲステロンが呼吸中枢を刺激することで、呼吸が増え、心臓の動きが活発になり、動悸・息切れにつながります。

原因③:赤ちゃんが大きくなることによる、肺の圧迫

これは、妊娠中期~後期にかけて、だんだんと赤ちゃんが成長し、お母さんの内臓を圧迫します。
これによって、肺をはじめとする呼吸器系が圧迫され、動悸・息切れが起こります。

SPONSORED LINK

動悸・息切れを防ぐためには?

動悸・息切れを防ぐには、一番の原因である、貧血を予防することが大切です。

①簡単に口にできる食べ物と水分を常備する
空腹になると貧血になりやすいので、飴やチーズなどをカバンに入れておくといいですね。

ただし、甘いものなどの食べすぎには注意してくださいね。 また、水分補給はこまめに行うようにしましょう。

②食事で鉄分を摂取する
やはり、大切なのは食事です。貧血を防ぐためには、鉄分が欠かせません。

鉄分が多い食材というと、レバーを思い浮かべますが、毎日食べるのはやめてください。

レバーにはビタミンAも多く含まれます。
ビタミンAは、妊婦さんが過剰に摂取しすぎると、お腹の赤ちゃんに悪影響が出ることがあります。

妊婦さんには、肉や魚に含まれるヘム鉄よりも、植物性の非ヘム鉄が重要です。
納豆、切干大根、ひじきなどに多く含まれますよ。

野菜やいも類、肉、魚などと合わせて摂取すると、より有効にカラダに吸収されます。

食事から鉄分を摂取することが難しければ、サプリメントを上手に利用しましょう。

③ゆっくりと動く
急に動くと、動悸・息切れが起こりやすくなります。

④ゆっくりとお風呂に入り、体を温める。
体を冷やさないようにしましょう。
お風呂はゆっくりとお湯につかり、時間があれば、足湯なども効果があります。

足首が冷えると、体全体が冷えますので、レッグウォーマーなどで対策をしましょう。

in-bad-de-bad-met-de-olifanten-22

動悸・息切れが起こったときは?

動悸・息切れから、めまいや立ちくらみが起こることがあります。
倒れる危険もあるので、動悸・息切れを感じたら、まずしゃがむ、できるなら横になりましょう。

横になる場合は、血液が循環しやすくなるので、左側を下にするといいですよ。

少し休んでもよくならない場合、何度も息苦しさを感じる場合は、医師に相談してくださいね

妊娠すると、うれしい反面、想像もできないような影響が出てくることもあります。

薬などもなかなか飲めないので、つらいこともありますが、 元気で健康な赤ちゃんの誕生を想像して、大変な妊婦生活を乗り切りましょう。

-育児/子ども

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.