暮し/マナー

お盆のお供えにはお菓子?のしや金額はどうする?おすすめも紹介します!

投稿日:

毎年巡ってくるお盆
お供えのお花やお菓子の用意はどうしていますか?

何となくこんな感じとは分かっていても、いざ粗相のないように揃えて!と言われるとドギマギしてしまいそうですよね。
・・・わたしもそうです(笑)

お盆のお供えにお菓子を選ぶときの参考になるように、金額の目安やおすすめの品物をご紹介します。

お盆のお供え お菓子にするなら

お菓子を選ぶポイントは?

お盆のお供え物と言えば落雁がすぐ浮かびますね。
きれいな色でお砂糖でできていてハスの花の形をしているあれです。

お盆の時期にスーパーに売っているのって・・・あんまりおいしくないですよね。
アレンジメニューがレシピサイトに載っちゃうくらいです(笑)

お盆のお供えはご先祖様と一緒に同じものを食べるも供養の一つですので、せっかくなら食べておいしいお菓子の方がいいと思います。

また、亡くなられた方の好きなお菓子があればそれでもいいですね。

食べておいしい!故人の好きなお菓子!だったら何でもいいわけではありません
お供えに向いているお菓子があるんです。

夏 和菓子

いくつかポイントを挙げてみますね。

  • 日持ちがするもの
  • 常温で保管ができるもの
  • 個包装になっているもの

「日持ちする」「常温で保管できる」ものを選ぶ理由は、お仏壇に何日かお供えしておくことを考えるとわかりますね。

真夏のお部屋に何日か置かれるかも・・・という状況を想像すれば、焼き菓子やおせんべいが思いつきます。

ゼリーや水羊羹も季節にあっていていいと思います。
食べるときは冷やしてから食べるとして、常温で保管できるタイプであれば大丈夫でしょう。
しっかり確認してから買いましょう。

「個包装」は、お下がりをお客様に分けてお渡しするためです。
ホールのバウムクーヘンや羊羹、クッキーの詰め合わせで個包装されてないものは避けた方が良いですね♪

お菓子の色味は地味なものがいいという人と、見た目の美しいものがいいという人がいます。
少し迷ってしまいますね。

わたしの場合だと義父母にはあまりこだわりがないようで「味重視」でした!
参考になりません(笑)

それぞれのお家のやり方に合わせて選ぶ以外にないようです。

いくらくらいのものがいいの?

ズバリ3000円から5000円くらいが相場です。
負担にならず、毎年続けていける金額で考えましょう。

ちなみにお金を包む場合も同じくらいの金額で良いとされています。

お家によってはお菓子はたくさんいただくから現金の方がありがたい、という場合もあるかもしれませんね。
お家の事情を知っておく必要がありそうです。

お盆のお供えはのしじゃない?

買ったお菓子は包装して掛紙をかけてもらいます。

掛紙ってなに?」

聞きなれないかもしれませんね。
のし紙とふだん呼んでいるものを、正しくは「掛紙」と言います。

お祝いのときに使う掛紙は右上に「のし」がついています。

のし紙と掛紙の違いは?

中の黄色いものが「のし鮑」といって縁起のよいアワビを干したもの。
縁起の良いものなのでお祝いに使われます。

ですから、「のし」がついた掛紙を「のし紙」というんです。

弔事のとき、病気やけがのお見舞いのときは「のし」がつかないので掛紙というわけです。

お盆は先祖の霊をお家にお迎えして供養する行事なので弔事にあたるため、掛紙は、水引が結び切りで黒白のものになります。

地域によっては黒白じゃなくて黄白のところもあるようです。

どちらがいいかは誰かに聞いてみるのが一番!
本当は親戚なんかに聞けるといいんですけど、そうもいかないときはお菓子を買った売り場の方を頼りにしてみてもいいかも。
地域の事ならよく知っているはずです。

掛紙のかけ方

掛紙は包装紙の外側にかけてもらいます。
表書きは「御供」が一般的
文字の色は普通の黒で、水引の下に名前も書きます。

葬儀の時などは表書きを薄墨で書くと聞いたことがあると思いますが、お盆のときは普通の黒でOKです。

薄墨は「悲しみが深く、涙で墨が薄くなってしまいました」という意味だと言われます。
それではいつまでも悲しみが癒えないときはずっと薄墨?となってしまいますよね。

今のように墨汁や筆ペンがない時代、突然の訃報に急いで駆け付けるため十分に墨をする時間がなかったから薄墨となったようです。
だからお通夜や葬儀の時は薄墨を使うという習慣が残ったと言われています。

となると、普通の法事やお盆のようなあらかじめ日にちが分かっている行事の時は普通の墨で良いというわけです。
ついでに覚えちゃいましょう♪


SPONSORED LINK

お盆のお供え お菓子のおすすめは?

桂利久 嵐山寿楽 ひとくち寒天ゼリー KR-Z30

姿かたちも愛らしい京のゼリー菓子の詰合せです。
歴史ある都で京の職人が丹精を込め、確かな技でひとつ、ひとつ手作りした京のひとくちゼリー。

スイカやヒマワリなど夏のモチーフをつかっていて季節感があります
見た目がかわいらしく彩りもきれいですね。

一口サイズということでその場でいただくのにも負担が少なくていいと思います。
小さいものがたくさん入っているのは女性が特に好きですよ♪

銀座千疋屋 千疋屋 銀座フルーツタルト(PGS-130)

フルーツの専門店として超有名な銀座千疋屋

そんな銀座千疋屋さんが選び抜いた果物を、果実の味はそのままに、サックサクの生地と焼き合わせたタルト。
チーズ味のタルト生地によく合うマスカット、マンゴー、レモン、フランボワーズの4つのフレーバーがあります。

普通のクッキーではちょっとつまらないな、という方におすすめ。
果物の代わりにという使い方もできそうです。

三種きんつば詰合せ(芋5・栗5・黒豆5)15個入

職人が一つ一つ手作りしています。
丹波黒豆・丹波栗・丹後砂丘芋(甘藷)を使用して仕上げた、風味・素材の味を大事にしたきんつばです。

和菓子のお供えならきんつばはいかがでしょう?
年齢を問わず好きな方が多いと思います。

黒豆や栗がぎっしり入っているので高級感もあってどの家庭にもおすすめできますね。
特に年配の方には受けがいいかもしれません。

焼菓子詰合せ 8種20個入【パティスリー キハチ】

パティスリーキハチの人気焼き菓子を集めた詰め合わせ
しっとりとした生地のバウムクーヘンや軽い食感のビスキュイサンドなどバラエティに富んだ内容です。

洋菓子の定番はこんな焼き菓子の詰め合わせでしょう。
色々な種類が入っているので好き嫌いなくどなたにもおすすめできます。

子供が集まることが多いご家庭では洋菓子の方が喜ばれると思いますよ♪

和三盆わらび餅9個箱入

本蕨粉を使用し徳島の厳選素材「阿波和三盆糖」を使って炊き上げたわらび餅です。
ふりかける国産黄な粉には、さらにこだわりの黒五を混ぜ込み、さらに黒蜜は沖縄の波照間産を使用しています。

冷やしていただくので夏にはピッタリ
1食ずつようじやきな粉、黒蜜がついていて一つ一つがしっかりした包装なのでお土産にお持ち帰りいただくのにもいいですね。

萩月詰合せ(化粧箱入)

どのおかき、お煎餅も祇園の舞妓さんや有名百貨店で人気のあるものばかりです。
11種類49袋入りのボリューム感もいいですね。

お供えのお菓子と言えば甘いものが多いのでおせんべいやおかきはきっと喜ばれるでしょう。
このセットではかりんとうも入っているので甘党さんも満足です。

京都ということで和の上品な包装がお供えにおすすめです。

まとめ

お盆のお供えのお菓子において、ちょっと気をつけなくちゃいけないのは掛紙の作法だけ。

あとは故人や御先祖様に思いをはせながらお菓子を選びましょう。
誰かを思い浮かべながら品物を選べば、失敗しないと思いますよ♪

-暮し/マナー
-,

Copyright© Plus Times , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.