育児/子ども

小学生の夏休みの工作はペットボトルで!アイデアと作り方8選!

更新日:

小学生のお子さんがいるお家では、夏休みは楽しみがいっぱい♪

でも、夏休みの宿題を忘れてもらっては困りますよね(苦笑)。

親子ともに頭を悩ませるのが、自由研究や工作。

空のペットボトルなら、どこのお宅にも、1本や2本はありますよね。
身近なペットボトルで作れる工作のアイデアを、動画でもご紹介。

低学年のお子さんがカッターやキリを使う場合は、少し手伝ってあげてくださいね。

ホバークラフト

出典:YouTube

材料

  • ペットボトル
    500mlの円筒形、底のふちが平らなもの
  • ビニールテープ
  • ゴム風船

作り方

  1. ペットボトルの底から1cm位の高さと口から斜めの部分だけカットします。
  2. 底のへこみ部分に、小さな穴をキリで4つ開けます。
  3. カットした底と口の部分をビニールテープでしっかりつなげます。
  4. 風船をふくらませ、口の近くをひねりながら、ペットボトルの口にかぶせて完成!

手を放すと、スイーッと滑るように動きます。
ペットボトルの大きさを変えたり、穴の数や大きさを変えるとどうなるか、試してみましょう。

玉落とし(BB弾落とし)

「玉落とし」「ボール落とし」という名前のおもちゃがあります。

下の画像のような、幼児向けの玩具ですね。

小学生ですので、もう少し難しくしてみます。
モデルガンで使うBB弾を落とすようにしてみましょう!

材料

  • ペットボトル:500mlくらい
  • 色画用紙:お好きな色
  • ビニールテープ:お好きな色・柄で
  • BB弾:10〜20個くらい

作り方

  1. ペットボトルの3ヶ所に、色画用紙がはさめる程度の切り込みを横に入れます。
  2. BB弾が通る程度の穴を3個開けた色画用紙を、切り込みからはさむ。
  3. 切り込みの周りを、ビニールテープでしっかり閉じます。
  4. 口からBB弾を入れ、キャップを閉めてビニールテープで閉じます。

デザインは自由。

落とす穴によって点数を書き込んでも面白くなりそう♪

何本か作って、家族やお友だちと競争しましょう。

ペットボトルシャワー

ペットボトルシャワー

材料

  • ペットボトル(2リットルくらい)
  • ビニールひも
  • ビニールテープ

作り方

  1. ペットボトルの底や下の方の側面に、キリで穴を開けます。
    (ランダムに。開けすぎると、水の勢いがなくなります
  2. 水を入れやすいように口の部分をカットし、切り口にビニールテープを貼ります。
  3. 吊り下げるためのビニールひもを、上の方に穴を開けて付け、出来上がり!

お風呂やビニールプールで遊ぶ時など、大活躍しそうですね。
油性マジックやビニールテープなどで、きれいにデコレーションしたり、目盛を書き込んでみましょう。

口の部分をカットせず、水を入れてからフタをゆるめたり締めたりすると、シャワーが出たり止まったりします。

自由研究なら、どうしてそうなるのか、また穴の開け方で、シャワーがどう変わるか、実験してみるのもいいですね。

ペットボトルの中で浮き沈み

SPONSORED LINK

材料

  • 口が広めのペットボトル
  • お弁当用しょうゆ入れ
    (ペットボトルの口から入る大きさ)
  • ナット
  • 針金
    (3〜4センチくらい)
  • プラスチックのチェーン
    (輪の形になっているプラスチックでOK!)

作り方

  1. ナットの穴に針金を通し、ひねってから釣り針の形に曲げます。
  2. しょうゆ入れの口にナットをはめます。
  3. しょうゆ入れの中に、空気が少し残るくらいに水を入れます。
  4. ペットボトルの中にプラチェーンを入れ、水もいっぱいに入れておきます。
  5. しょうゆ入れを入れてフタを閉めます。

ペットボトルの上の方に、しょうゆ入れが浮くように重さを調節します。

ペットボトルを軽く握ると、しょうゆ入れが沈みます。
握る力を弱めると、また浮いてきます。

沈んだときに、しょうゆ入れの針金でプラチェーンを引っ掛けると、いっしょに浮いてきますね。

時間内にどれだけ引っ掛けられるかで遊べます♪

しょうゆ入れの中の水は絵の具などで色をつけると見やすいですね。

水圧や水の中の密度にも関わってくるので、自由研究の題材にもなりますよ。
水以外の液体を入れて沈み方などを比べたりしてみましょう。

貯金箱

材料

  • ペットボトル
    大きめで上の方が丸いものがベスト。
  • ダンボール
    ペットボトルの切り口の大きさで2枚。
  • 折り紙など
    ダンボールに貼りたい場合。
  • つまようじ:1本
  • 輪ゴム :1本
  • ビーズなどの飾り
    お好きなもの。
  • ボンド、両面テープ

作り方

  1. ペットボトルの上部を、できるだけ水平にカットします。
  2. コインを入れる穴を、上の方にカッターで開けます。
  3. 反対側の真ん中位に、小さな穴を開け、外側は大きなビーズ、内側は小さなビーズを付けて動かないように止めます。
  4. ダンボールを、1枚はペットボトルと同じ大きさの円に、もう1枚は、少しだけ小さく切って、貼り合わせます(本体とダンボールがズレないようにです)。
    折り紙などを貼ってもOK。
  5. コインの入れ口側は、ダンボールと本体を、セロテープで3ヶ所くらい留めます。
  6. 反対側のダンボールに小さな穴を開け、つまようじを折って輪ゴムを掛けたものを中に留めます。
  7. 輪ゴムのもう一方は、外側に付けた大きなビーズに掛ける。

あとはキャップも閉め、ビースやお好きなもので、デコってください。
ボンドや両面テープを使うと、きれいにできます。

男の子なら、麻ひもを巻いたり、シールやワッペンなどでデコっても。

けん玉

材料

・ペットボトル2本(大きさ、形が違うものの方がおもしろい)
・ヒモ 40cm位(麻ひも、タコ糸など)
・ビニールテープ

ポイント

・玉になるキャップに、ヒモを付けます。
 0:38秒のところのように、ヒモが抜けないよう、ビニールテープを1回巻いたら、ヒモを折り返し、また巻いて折り返しと繰り返して、テープを5周位巻いています。

・ペットボトルの上部を水平にカットして、受け皿を作ります。0:58秒にあるように、形や大きさが違う方が、本物に近い感じになりますよね。

・飲み口を合わせて、ビニールテープを巻きながら、ヒモの反対側を付けます。
 1:34秒のところのように、こちらもヒモを折り返しながらテープを巻き、3周位巻いて、抜けないようにします。

・出来上がり!
 けっこう、いい音がしてますね。

鉛筆立て

材料

・ペットボトル(お好きな大きさ、数で)
・グル—(手芸用ボンドでも)
・しっかりしたリボン
・花のモチーフなど(お好きな飾り)

ポイント

・ペットボトルを、お好みの高さで水平にカットします。
 この時、0:59秒のところのように、ラベルが付いたままなら、ラベルの上から切りましょう。
 マスキングテープなどを貼らなくても、ラベルが目安になって、水平に切りやすくなります。

・切り口にリボンを貼り付けます。
 2:06秒の貼った後のように、切り口から少し上にはみ出るように貼ると、きれいに見えますし、危なくないですね。

動画では、高さを変えて5本のペットボトルを使っています。

細めのボトルなら、浅めのカゴやトレイに並べ、リボンや麻ひもなどで結んでもいいです
よね。

何を入れたいかによって、大きさやディスプレイを変えてみましょう。

風車

材料

・ペットボトル(500ml)
・ストロー(1本)
・針金ハンガー(1本)
・マジック(羽に塗りたい色)
・ペンチ、カッター、キリ、ハサミ

ポイント

・1:10秒のところで、ペットボトルの側面に、羽の形にマジックで色を塗っています。
 ちょうど良い形のペットボトルがなければ、できるだけ、平らな場所を均等にカットしましょう。

・色を塗った部分に、カッターで切込みを入れます。
 羽に角度を付けるため、1:45秒のところのように、切り込みの長さは、1.5cm以上の差を付けます。

ペンチ、キリ、カッターと、使い慣れないお子様には危険な道具をたくさん使います。
安全な使い方を教えながら、親御さんも少し手伝ってあげましょう。

まとめ

小学校低学年でも作れそうなものから、ちょっと難しいものまで、ご紹介しました。

工作だけで終わらずに、実験になるようなものもあります。

親子で楽しく作れるよう、無理のない作品を選んでくださいね。

-育児/子ども
-, , ,

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.