趣味/娯楽

春の登山 服装はレイヤードを活用して快適で安心!

更新日:

風が温かくなって、日差しがふんわりし始めたら、春の合図です。

外に出て活発に活動したくなりますね。

新鮮な空気を吸って気分転換、季節をしっかり感じるには、山がお勧め

最近は、ウィークデーは仕事をバリバリとして、休日にはハイキングや登山を楽しむ「山ガール」や、一緒に山を楽しむ夫婦、大勢で登山を楽しむ年配グループもよく見かけるようになりました。

楽しそうだし、よし、私もそれに仲間入り。

だけど登山って、服装とか準備するの大変よね?買いに行っても種類がありすぎてわからない・・・とちょっと不安。

そんなみなさんに、春の登山にはこれ!!という服装を紹介します。

登山の服装 基本はレイヤード

アウトドアの服装の基本は、季節によってウェアの種類を変えるというより、寒くなるにつれて着る枚数を増やしていく、レイヤードスタイルです。

重ね着をするので、機能的で薄手のものが基本です。

重ね着の中でも重要なのが「汗冷え対策」です。

山に上ると、当然下界より気温が下がってきますが、その下がり方は標高100mで0.5度~0.6度

汗をかくと、その汗が蒸発するときに体温を奪うので、体感温度はさらに低くなります。

そこで大切なのは、重ね着での温度調節。

登山の服装 基本はレイヤリング

衣類を適切に着脱して温度調節を行い、衣類の機能を発揮させることを「レイヤリング」といいますが、これがうまくできていると、より快適に登山やハイキングを楽しむことができますよ。

レイヤリングに必要な重ね着は、基本的に三層構造になっています。

まず、ベースレイヤー。素早く汗を吸って乾燥させ、気化による冷えを防いでくれ、保温する機能が求められます。

次にミドルレイヤー。気温の低い時に保温するのが主な目的です。

最後にアウターレイヤー。風や雨雪から体を守ります。

春の登山 ボトムと靴はどれを選ぶ?

ボトムも化繊素材が一番。最近ではサポートタイツとパンツの組み合わせが人気です。

サポートタイツは歩きやすいように足を滑らかに動かす補助をしてくれるので、ぜひ取り入れたいアイテムの一つ。

女性はサポートタイツに短パンのファッションもよく見かけます。

靴はトレッキングシューズを準備してください。

スニーカーは、動きやすいけれど滑りやすく登山には向いていません

足に負担がかからないように、必ず靴下をはいてください。

どんな季節でも、これが基本になっていますが、春にはどんなものを選べばいいでしょう?

街は暖かくなっていても、まだまだ肌寒い山に行くには暖かいものを選びたいですね。

保温性が重要 ベースレイヤー

ベースレイヤーは「第2の皮膚」と呼ばれるくらい重要な部分。ここはしっかりと選びましょう。

保温性を求めるならウールのものもありますが、お勧めしたいのは化繊とウールを合わせたハイブリッド素材のもの、メリノウールが一般的です。

まだ気温の低い春先にはハイネックで首元を保護したいですが、襟元がジップアップになったものが温度調節をしやすく着脱しやすいですね。

NTSミッド250ジップT 女性用 SW63517

メリノウールのウェアで代表的なのがsmartwool(スマートウール) です。

smartwool

スマートウールは登山用靴下で絶賛するファンが多くいますが、ベースレイヤーも優れています。

本格的に登山をする人の中には、アンダーウェアはすべてスマートウールで揃えている人も多いそう。

ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Women's

オリジナル繊維で機能的なベースレイヤーを開発しているブランドもあります。

空気層と遠赤効果を生かしたウェアを販売しているのがmont-bell(モンベル)です。

41WOyVtRN+L__AA300_

繊維にセラミックが織り込まれていて、遠赤外線効果が高く、体を芯なら温めてくれます。

いきなり本格的なものでなくても、日常的に着られるもので・・・という人にはユニクロなどのシャツでも、もちろんOKです。

ユニクロのヒートテックは愛用者が多いようですよ。

おしゃれにキメよう ミドルレイヤー

山の春は肌寒いので、防寒も必要。

活動中はこのミドルレイヤーでいることが多いと思います。

春から初夏の日帰り登山では、カジュアルシャツやポロシャツ、ラガーシャツなどを着ている人も多いです。

もうひとつ一般的なのはアンダーシャツと同じような化繊のシャツの重ね着で、ジャージを着ているイメージですね。

春は1年のうちでも紫外線の強い季節。

UVカット機能のついた上着類でしっかりと紫外線対策したいものです。

SPONSORED LINK

mont-bell(モンベル)WIC.O.D.シャツ Women's

WIC.O.D.シャツ Women's

カジュアルで、ファッション性の高いシャツで、山ガールファッションも楽しめますね。

ARCTERYX(アークテリクス) デルタLTジップ女性用

デルタLTジップ女性用

動きやすいシェイプラインで、保温性が高く、もちろん吸汗速乾性も高く作られています。

前面のハーフジップで、体温の調節をしやすくなっています。

他にも、手軽な登山にはフリースも人気があります。

雨と風を防ごう アウターレイヤー

春の登山のアウターレイヤーには、レインウェア&ウィンドブレーカーをお勧めします。

人が寒さを感じる環境は、雨でぬれたり、風が吹きつけて体温が奪われるとき。

レインウェアやウィンドブレーカーで雨風をしっかりと防げば、ミドルレイヤーの保温性がしっかりと守られます。

レインウェアとウィンドブレーカー、似ていますが、実は働きが違うので、別々に準備した方が有効です。

レインウェアは雨を遮断するもの。雨の降っていないときにこれを着て活動すると蒸れてしまいます。

逆にウィンドブレーカーでは雨は防げません

ウィンドブレーカー

  1. MILLET(ミレー)MILLET LD FOCUS JKT MIV5208
  2. MILLET

    世界的に有名なレインウェア素材のゴアテックスの新素材でできたジャケットです。

    動きやすく、フィットするように調節ができるようになっています。

    街中でのウォーキングで着ている人も見かけます。

  3. Patagonia (パタゴニア)Torrentshell Stretch Jacket
  4. patagonia

    アウトドア好きに根強い人気のブランド、パタゴニアのウィンドブレーカーは軽量でとても人気があります。

    首周りの裏地はフリースなので肌触りがよく、保温性が高いので、春先にはお勧め。

    たたむと驚く程コンパクトになるのも、人気の理由の一つです。

ミレーのウィンドブレーカーも、パタゴニアのものも、湿気は発散しながら、防水性も高い優れモノです。

不意の悪天候のために レインウェア

山の天気は変わりやすいので、レインウェアはしっかりとしたものを準備してください。

すべてファストファッションで登山する人でも、レインウェアはしっかりとしたものを準備していることが多いのです。

ベテラン登山者の人にレインウェアを選ぶコツを聞いてみると・・・

「しっかりしたメーカーが出しているレインウェアは、機能的には遜色なし。注意するのは重さ。」なのだそう。

レインウェアやウィンドブレーカーは、着用しているよりザックの中にある時間の方が長いもの。

できるだけ軽いものの方が登山の負担にならないそうですよ。

では、軽いレインウェアは・・・

mont-bell(モンベル)トレントフライヤー ジャケット・パンツ
トレントフレイヤージャケット

トレントフライヤーパンツ

軽量化重視なら、この組み合わせが一番なのだそうです。

いかがでしたか?これからウェアをそろえる人の参考になれば嬉しいですね。

でも、登山って、なんだかめんどくさそう。

これだけ揃えるのって、お金がかかるし大変だわ。やめようかな・・・?

なんて思ってしまった人、ちょっとお待ちください!!

準備万端で登山に臨むのは素晴らしいことですが、初めての登山は、まず、持っている普段着で楽しんでみましょう。

ジャージがあれば最高ですが、動きやすい化繊素材の服だったら何でもOK。

普段着で登山を楽しみながら、「自分はどんなウェアを必要としているか」判断してみてくださいね。

また、アウトドアショップの玄人さんにアドバイスをもらうのも、ウェアを選ぶときのポイント。

あなたの登山に必要な商品を見つけてくれますよ。

-趣味/娯楽

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.