クリスマス

クリスマスはキリストの誕生日じゃない? では何のお祝いなの?

更新日:

街はすっかりクリスマスムードに衣替え。

山下達郎の「クリスマス・イブ」や、ワム!の「ラスト・クリスマス」も失恋ソングだぞ!

なんて毒づく、ひねくれ者の私(筆者)(苦笑)。

ひねくれたついでに、こんなクイズをひとつ……。

“クリスマス”は何の日でしょう?

「何いってんの? イエス・キリストの誕生日でしょ?」

と答えた人は不正解!

“クリスマス”とは実は……?

SPONSORED LINK

クリスマスとは「キリストの誕生を祝う」日

そもそも「クリスマス(Christmas)」は、

英語の「Christ(キリスト)のmass(ミサ)

に由来する言葉。

キリスト教ではイエス・キリストの降誕(誕生)を祝う日とされています。

「キリストの誕生を祝う日なら、その日が誕生日なんじゃないの?」

そう思われるかもしれませんね。

実はイエスの誕生日は、はっきりとわかっていないのです。

聖書にはイエスが馬小屋で誕生するエピソードはあります。

しかし、いつごろのことなのか、分かる箇所がないのです。

羊の放牧の様子などから冬ではないだろう、などが伝わってくるだけです。

イエス_誕生

クリスマスは別の神様の誕生日だった?!

会議で決められた誕生日

キリストの誕生を祝う日を12月25日と定めたのは、325年の第一ニカイア公会議であるといわれています。

ニカイアは地名、「公会議」というのはキリスト教の全教会の規模で行われる会議のことです。

ではなぜ12月25日が選ばれたのでしょう?

SPONSORED LINK

実は12月25日は、当時キリスト教のライバルであったミトラ教の神様「ミトラ神」の誕生日なのです。

他の神様の誕生日がキリストの誕生を祝うように

「ミトラ教」は、元々はローマ帝国の国教でした。

ミトラ神の誕生日とされた12月25日前後は、一年で最も日が短くなる「冬至」の日にあたります。

そのため各地で収穫祭や太陽の復活を祝うお祭りが行われていたのだそうです。

ミトラ神の誕生日もそれを意識してのことでしょう。

当時新興勢力だったキリスト教会は、布教活動の中で他の宗教のお祭りを積極的に取り入れていったと考えられています。

やがてキリスト教はローマ帝国の国教になりましたが、ミトラ教の神様の誕生日をキリストの誕生を祝う日にしたのも、その流れをくむものであったようです。

クリスマス_猫

12月25日ではないクリスマスも

「12月25日がクリスマスである」という前提での話でしたが、クリスマスを別の日に祝う人々もいます。

ロシアや東欧の正教会と呼ばれる教会では「ユリウス暦」という、私たちが日ごろ使っている西暦(グレゴリウス暦)とは違う暦を使っています。

ユリウス暦とグレゴリウス暦には現在では13日の差があるため、ユリウス暦の教会ではクリスマスは1月7日にお祝いします。

いかがでしたか?

とくに疑問を持たずに楽しんでいたクリスマスも、調べてみると興味深い歴史があります。

私たち多くの日本人には馴染みが薄いキリスト教に、少し触れてみる機会にするのもいいですね。

「いや、本当はこうなんだぞ」「自分はこんな説を聞きました」という方は、コメントにて教えて下さいませ。

-クリスマス
-

Copyright© Plus Times , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.